« 秋刀魚の蒲焼風 | トップページ | もやしと鱈のスープ »

2018年9月 8日 (土)

菊花海苔巻き

clover美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

春の桜と並び、秋を代表する花が菊

中国原産で奈良時代に日本に持ち込まれました

平安時代でも菊はまだ珍しい花で、貴族社会では延命長寿の薬草とされ重陽の節句(9/9)には酒に浮かべて飲み干したそうです

.

華やかな花は太陽にも喩えられ『日章』と呼ばれ高貴な花=百草の王と

皇室のご紋章となっていて、明治2年8月24日以後は一般人が家紋や商標に使うことを禁止

因みに皇室ご紋章の菊は十六葉八重表菊です

.

菊の花の観賞が一般的になったのは鎌倉時代頃からで、江戸時代には品種改良が盛んになり菊人形や展示会などで菊の美しさを競い合うようにななりました

そうなると、花の丹精に夢中になるあまり仕事を忘れる愛好者が続出

『菊作りは、罪作り』と言う諺まで出来たんです

.

どの菊も一応は食べられますが、切花で売られている花は食べないのが無難

食用として改良され栽培されたものは“甘菊”と呼ばれ、苦味がなく花弁も厚く香りがいいです

青森産の阿房宮(八重黄菊)、山形や新潟産の延命菊(淡紫菊)&モッテノホカなどが有名

生の他、蒸して平にして干した“菊のり”にして出回っています

.

菊の葉は天婦羅に花はお浸し、酢の物、天婦羅、和え物、汁の実、菊飯や菊粥などに

茹でたホウレン草を芯に、サッと茹でた菊花(阿房宮+モッテノホカ)を海苔巻きにしました

Rimg0009

花を焼酎に漬けた薬酒は、眩暈、頭痛に効果があるそうです

香りのいい風雅な食材ですねconfident

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 秋刀魚の蒲焼風 | トップページ | もやしと鱈のスープ »

コメント

9月9日は重陽の節句ですね。
タイムリーに伺いました。
手の込んだお料理をお造りになって、相変らずお一人なのに素晴らしいわ。

最近、体重が高値横ばいなので好きな?お料理も控えています。
どうしても座っていることが多いので太るのね。
涼しくなってきたので歩くことにします。

pencilけいこ様
ご体調は如何かと気になっておりました
私は食事量を減らすのは寂しいのでカロリー控えめを心がけてるのですが、減量どころか増量気味で不満なの、体に一足早く『天高く○○肥ゆる秋』が来たようで…気分だけの夏バテですsmile

美しいお料理ですね~(ღˇ◡ˇ*)♡
ば~ばさまのお料理を見ると日本食は良いなあと思います
本当に色が綺麗ですね~ღ'ᴗ'ღ
これは酢の物っぽいですか、おひたしっぽいですか…
どっちにしても美味しそうですね~♪
私ねちょっとブログお休みするかも知れません
でもば~ばさまの所はお訪ねさせて頂くのでこれからもよろしくお願いします~♥♬
ば~ばさまは"ダチトモ"ですから…勝手にですが…♪

芸術的!!w(゚o゚)w 
前は黄色とピンク色の食用菊を育てていたのですが・・・ 
今はもう、毎食栄養バランスのことだけ (゚ー゚; 

penciltime様
ブログ休憩ってご病気とかじゃないですよね(心配)、なんか寂しいですが…再開待ってます(*゚ー゚*)
これはポン酢で食べました、シャキッとした花の食感と爽やかな香りで秋を感じましたhappy01


pencilMONA様
私もプランターに植えてましたが~いまは駅ビルの産直にいっぱい並びますから其処で購入smile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋刀魚の蒲焼風 | トップページ | もやしと鱈のスープ »