« 隼人瓜の浅漬け | トップページ | 牡蠣と野菜炒め »

2018年10月20日 (土)

秋刀魚混ぜご飯

fish美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

秋刀魚は、ほかに秋光魚や銅况魚などと書きますが、いずれも体形の細さと光る皮肌を刀に見立てているんですね

元は細さから“狭真魚(さまな)”と呼ばれ、関西では“サイラ”と呼ぶところもあったそうです

.

近海物は9月末から10月にかけてが旬で、この時季は『秋刀魚が出ると、按摩が引っ込む』と言われるくらい栄養価も高く脂肪に富んで美味です

.

塩焼き、付け焼き、味噌焼き、蒲焼などのほか、煮付けもいいし、バター焼きやフライ、唐揚げ…何しても美味しい魚

一夜干しもまたいけるし、鮮度が良ければ刺身、締め秋刀魚、マリネにも

.

秋刀魚の当て字に“三馬”というのもありますが、これでは落語に出てきそう

落語で思い出すのは『目黒の秋刀魚』という噺でしょうか

あれは、実話がもとになっていて、三代将軍・家光が鷹狩りに行った折のこと

空腹から目黒村の茶店に立ち寄り、そこで焼きたての秋刀魚を食べて大層気に入ったと言うのです

将軍は上機嫌で「秋刀魚は目黒に限るのぉ」とsign02

.

日頃は“お味見役”やら“お毒見役”などなど経て、台所から食事処まで長い廊下

すっかり冷たくなって味の落ちた秋刀魚を食べているのですものね

そりゃぁ、焼きたての美味しさにビックリしたのも当然でしょう

.

独り食なので炊き込みご飯にせず、混ぜご飯です

Rimg0003

開いて焼いた秋刀魚の1/4ほど残して、あとは身を解します

麺つゆで味付けしたご飯に刻んだガリと混ぜて、三つ葉や糸唐辛子をトッピング

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 隼人瓜の浅漬け | トップページ | 牡蠣と野菜炒め »

コメント

今年はサンマが安くて有難いです。
混ぜご飯も良いですね! 
今、夫が釣ってきたワラサを毎日食べています。
飽き飽き・・(;ω;)

pencilMONA様
晩秋からが旬ですものね…脂乗りが薄いので竜田揚げやフライなどは試されましたかsmile

今晩は(^^)
先日塩焼きで食べました
混ぜご飯かぁ、脂の乗った今が食べ時ですもんね
混ぜご飯にしたこと無いけど、食べてみたいです(^^♪

今日は暖かくて行楽日和の日曜日でした。

炊き込みご飯も美味しいですが、脂乗りがイイだけに焼いて少し脂を落として混ぜました…一人だと炊き込みご飯にするとご飯が多過ぎるのcoldsweats01

サンマは例年より安いという感覚はまだありません。
安いときは100円しないですけど、まだ100円以上しています。
私は塩サンマより生サンマに自分で塩をするほうがあっさりしていて好きです。
サンマを焼くとグリルだけでなく換気扇も掃除をしないといけないので、掃除をしたばかりのときは焼けません(焼きません)。
だから、サンマはとても貴重なおかずです(笑)

pencilMOM様
ホント、秋刀魚を焼いた後のグリルや換気扇掃除を考えるとね~で、独りになってからは魚屋が焼いて売ってるのを買ったりしてます(価格は倍ほどになりますが)coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隼人瓜の浅漬け | トップページ | 牡蠣と野菜炒め »