« 豆腐屋さんの生湯葉 | トップページ | 今日の気分はイタリアン »

2018年10月 8日 (月)

竹輪のジェノベーゼ和え

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

産直でバジルを買ってきました

.

ジェノベーゼソースを作ろうと思いながら、何となく億劫してる間に夏が過ぎ

この頃見なくなって「時季が過ぎちゃったか」と諦めかけていたところでした

緑鮮やかなシャキシャキのバジル

.

我流かも知れませんが、私のソース作りは笊いっぱいのバジルにニンニク1片と松の実を適量

荒塩少々とパルミジャーノ少々を…それらをよくすり潰します

そこにエクストラ・バージン・オリーブ・オイルを少しずつ濃暗緑色のペースト状になるまでタラタラッと

.

これで数日は気分イタリアン

とか言いつつ、最初に使ったのは“竹輪”に

Photo

日本の庶民的イタリアンsign02、てか意外でしょうが美味しかったの

.

ペーストを保存するなら、ペーストを薄いオイルの層で覆いガラス容器に入れて

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 豆腐屋さんの生湯葉 | トップページ | 今日の気分はイタリアン »

コメント

竹輪というのはアイデアですね!w(゚o゚)w 
鉢植えのバジルを使って作ってみようかしら?

pencilMONA様
竹輪は白身魚ですし、ちょっとカルパッチョ感覚の和え物になりました…安上がりで美味しいhappy01

ちくわをジェノベーゼで和えるんですね。
私はパスタかニョッキを和えたことはありますが、ちくわは思いつきませんでした。
毎年畑のバジルでジェノベーゼを作って冷凍しています。

pencilMOM様
一度遣ってみてください、思いのほか合うんです…竹輪はあまりクセが無いからでしょうねdelicious

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豆腐屋さんの生湯葉 | トップページ | 今日の気分はイタリアン »