« 冬至の蜆 | トップページ | シチューかチャウダーか »

2018年12月24日 (月)

ササミ蓑揚げ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

クリスマスは何処の店に行っても混むからお家でディナー、って方も増えましたね

.

毎年のようにローストチキンも芸が無いかなぁと思ってるし

ヘルシーなササミでご馳走を考えてみました

.

ササミは手羽の内側、胸骨に沿って両側に1本ずつある筋肉

その形が笹の葉に似ているからことが名の由来で“笹身”

鶏肉の中では最も肉質が柔らかでアミノ酸バランスがいい部位

タンパク質が多く脂肪が少なくあっさり淡白な味わいで、ダイエットを考える人や中高年の健康食品に最適かも

.

そのササミにジャガイモ千切りの衣を纏わせた『ササミ蓑揚げ』

ササミフライでもササミ天麩羅でも無く“蓑揚げ”

.

ちなみに蓑(みの)はイネ科植物の藁(わら)を編んで作った雨具の一種

雨を防ぐために衣服の上から纏う外衣として古代から世界各地で使われてきました

.

細い千切りジャガイモでササミを包んで揚げた形が、蓑を纏っているように見えれば成功

Photo

スジを引いて4つくらいに長く削ぎ切りしたササミに塩・酒を振りかけておきます

ジャガイモは太さを揃えて出来るだけ細い千切りにして水に晒し、2~3回水換えして水気を切り布巾などで水分を拭き取り、片栗粉少々を振って全体に塗し卵黄を加えてよく混ぜます

薄く片栗粉を塗したササミにジャガイモの衣を被せ、170℃に熱した油に木べらに乗せたまま滑り込ませるように入れて菜箸で押さえつけるよう揚げましょう

.

23日に鶏料理を作っちゃって…で、イヴはどうしようかな?

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 冬至の蜆 | トップページ | シチューかチャウダーか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬至の蜆 | トップページ | シチューかチャウダーか »