« 咳で始まった新年 | トップページ | 蒲鉾卵とじ饂飩 »

2019年1月 7日 (月)

七草

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

正月料理の食べ過ぎで少し疲れ気味の《胃》には7日朝の“七草粥”が優しい

年末年始を風邪引きで咳ばかりかお腹も緩くなってた私にもね

せり なづな ごぎょう はこべら ほとけのざ

すずな すずしろ これぞ七草 

もっとも旧暦の七草はいまの2月中旬(今年は2/11日)、若草もそろそろ芽を出してるかしら

.

7日に若い野草で粥を炊いて食べる“七草粥”の習慣は残っていますが、その前日に粥に入れるための摘み草をすることは無くなりましたね

もっとも、街中では摘み草自体が所詮ムリ

その代わり、デパートやスーパーで七品揃えのパック入りが売られていて、これが好評だとか

.

昨日買っておいた七草パック

Photo_3

いまから土鍋でお粥に…洗った米1:水4(私の場合は米0,5カップに水2カップ)

強火に掛け、沸騰してきたら弱火にして30~40分煮込みます

お粥を煮込んでいる間に七草は塩少々を入れた湯でサッと茹で細かく刻んでおく

  • お粥が炊けたら、塩一つまみと醤油少々で調味し刻んだ七草をお粥に混ぜ込みます
  • .
  • 好みで、お粥の仕上がり際に餅や卵を入れたり、出来たお粥に胡麻や柚子など振りかけてもいいですね
  • .

    諸説ある“七草粥”の習慣ですが、どれが正解かは確定されていません

    • (せり)=水湿地を好む多年草で香味が強い
    • ナヅナ=生長したものは“ペンペン草”と呼ばれる越年草
    • 五形(ごぎょう)=母子草とも言い葉は白いフェルト状の毛に覆われていて、味は~イマイチ?
    • 繁縷(はこべら)=ハコベとも言い産婦の乳の出が良くなるとか
    • 仏の座(ほとけのざ)=菊科のタビラコのこと
    • (すずな)=鈴菜とも書く、いまでは蕪のことを指すが江戸時代までは水菜や京菜のことと
    • 蘿蔔(すずしろ)=大根のことだとされている

    ちょっと青臭いような、萌え出たばかりの緑の香り

    .

    ****************************

    ※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

    « 咳で始まった新年 | トップページ | 蒲鉾卵とじ饂飩 »

    コメント

    ば~ばさま
    風邪の方、よくなられましたか?
    まだ咳が続いているのかしら?
    私は2週間くらい咳が続きましたが、やっと完治しました。

    七草粥、毎年忘れて、数年に一回位の割合で食しています。

    お大事になさって下さいませ。

    つきのこ様
    やはり咳風邪なんですね、熱は殆ど出ず咳が酷い風邪は久々でした…美味しいお粥はいろいろありますが、七草は歳時食として年一ですね

    咳風邪は快復に向かっていらっしゃいますか?
    明日はまた、一日の温度差が大きくなるようですね。
    くれぐれもお大事になさって下さい。

    今年は冷凍の七草雑炊の素を買いました。
    七草をセットした野菜の方が、グッと美味しそうです。


    お粥が新鮮です。
    時々はいいですね! (o^-^o) 
    咳が収まりますように。

    hikobae様
    袋入り乾燥七草を買ったことがありましたが香りが無くて~冷凍なら香りが残ってるでしょう…おかげさまで咳も減りました(夜になると出ますが)


    MONA様
    お雑煮と同じで七草粥も歳時食なので食べないと忘れ物した気分で…咳は寝付時に出ますね

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    « 咳で始まった新年 | トップページ | 蒲鉾卵とじ饂飩 »

    応援してね!

    2019年6月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    無料ブログはココログ