« 2019年1月 | トップページ

2019年2月

2019年2月24日 (日)

大腸検診結果

hospital美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

キブシの花を見つけました…早いかも、3月中旬の花だと思ってました

キブシ(木五倍子)は別名キフジともいい、キブシ科キブシ属で雌雄異株の落葉低木

高さは3~4mになり、3月頃に葉が出るのに先立って淡黄色の花を穂状につけます

Photo_2

.

20日は4日に定期検査した大腸内視鏡の結果診断でした

検査中にチラ見したモニターで幾つかの新たなポリープ確認

でも「まだ小さいから手術はしばらく先延ばしでイイかな?」と勝手な自己診断

.

「幾つかの腺腫が見つかりました、殆ど緊急性は少ないのですが…(ナニ?、言葉を濁さないで

1個は絶対的に切除が必要です(アチャー、まじですか

ただ、悪性じゃないので切除は急ぎません(エッ、どゆこと?

体調と照らして年内に…(なんともユルイ話 ┐(´д`)┌)」

.

大腸の腺腫切除は夏以降に改めて入院手術日の調整を依頼

その前に胆嚢壁に肥大が認められた『胆嚢腺筋腫症』のCTを撮ります

これも緊急状況じゃなさそうなので「出来れば10連休後に(別に連休でも私には予定が無いですが)」

新元号になる今年のGWは休日が多く、依って連休前後の病院は混みそう

CTも予約状況にユトリのあるGW以降にして貰いました

.

なんでも先延ばしにしたい歳になりましたcoldsweats01

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月22日 (金)

おでんの日

cat美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

2/22日は「ニャンニャンニャン」で『cat猫の日』

なんですが食べ物中心に書いているブログなので

2/22日=フゥーフゥーフゥー、つまり熱々~で『おでんの日』です

Photo

.

おでんは日本料理のうちの煮物料理の一種です

田楽と言われる食物が原型だといわれますが、原形の田楽は室町時代に出現した料理

田楽には具を串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほか、具を茹でた「煮込み田楽」がありました

.

のちに煮込み田楽の方が、女房言葉で田楽の「でん」に接頭語「お」を付けた「おでん」と呼ばれるように

そして、単に田楽といえば焼き田楽を指すようになったようです

.

江戸時代に濃口醤油が発明されると、江戸では醤油味の濃い出汁で煮た「おでん」が作られるようになりました

それが関西に伝わり「関東炊き」「関東煮(「かんとだき」)」と呼ばれるように

関西では昆布や鯨、牛すじなどで出汁をとったり、薄口醤油を用いたりと独自に変化し、関東大震災後には、おでんが途絶えかけた東京に逆輸入

.

おでんには具材や調味料など地域性が色濃いものが多いですね

特色ある一つは青森県青森市のおでんで、ツブ貝、ネマガリダケ、大角天(薩摩揚げの一種)など独特の具が入ったおでんに生姜味噌だれをかけて食べます

また、静岡県静岡市のおでんもよく知られ、濃口醤油を使い牛スジ肉でだしを取った黒いつゆを使用、はんぺんは焼津産の黒はんぺん、すべての具に竹串を刺し、上に「だし粉」と呼ばれるイワシの削り節や鰹節、青海苔をかけて食します

最近では当たり前のようにトマトを入れてる店も増えましたが、初めは1998年に銀座【よしひろ】からだとか

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月20日 (水)

鰆の粒マスタード焼き

fish美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

“サワラ”は魚偏に春と書くので旬は春だと思い込んでいる人が多いかも

じゃ、サワラの旬はいつ??

.

魚偏に春と書くのは春に産卵のために沿岸へ寄るため人目に付きやすく、「春を告げる魚」という意味

瀬戸内海の辺りでは桜鯛の漁が終わった梅雨入りの頃に鰆漁が本番になるし

駿河や伊豆の辺りでは秋の鰆が旨いと言われています

東京でも、両国の辺りでは『盆鰆』といって夏の川開きに付き物の魚です

つまりは、早い話、一年中いつでもそれなりに旨い魚(旬)だとも言えるんです

.

年中旨い魚と言われますが、魚通は「冬場に深場に移る頃が特に脂が乗って“寒鰆”とも呼ばれこの季節が旬」とも

.

サバ科サワラ属に属すカツオの一族で暖流に乗って動く暖流魚

この一族の魚としては珍しいことに、紡錘形ではなく平べったくて細長い

成長するに従ってサゴシ(サゴチとも・40-50cm)、ナギ(50-60cm)、サワラ(60cm以上)と呼び名が変わる出世魚

サゴシは「狭腰」、サワラは「狭腹」の意とか

腹部が狭い形なので『狭腹(さはら)』と呼ばれたのが転訛して“さわら”になったと思われます

他のにも、地方名ではサーラ(各地)、ヤナギ(若魚 : 近畿・四国)などが

北海道南部から東シナ海まで、東アジアの亜熱帯域・温帯域に分布

沿岸の表層を群れで遊泳し、肉食性で小魚や甲殻類、頭足類などを捕食します

幼魚も当初から鋭い歯をもち、自分と同じくらいの大きさの他魚も捕食し共食いも激しいんですって

.

身はさほど赤くなく白身魚として取り扱われることが多いのですが、成分的には赤身魚

同じような“不思議”は鮭、サワラと逆に身は赤いのですが白身魚なんですね

.

身が軟らかく崩れやすいので煮物には向かず、一般に焼き魚、西京味噌を使った「西京焼き」、照り焼き、唐揚げ(竜田揚げ)などにします

.

薄塩を振り、いったんソテーした鰆の表面に粒マスタードを塗り、ワインビネガーを少々振り掛けて皿に盛りました

赤と緑のピーマンを千切りにし冷水に浸けてパリッとさせ、水気を切って添えます

Photo_2

フライパンで焼いただけのメチャ簡単さ happy01good

ですが、美しい&美味しい一品で何となく“料理上手”に見えるかも smilescissors

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月18日 (月)

河豚刺し(てっさ)

fish美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

本当は2/9日に食べたかった河豚…『福(2/9)の日』

.

河豚の骨は貝塚からも発見され、日本人が太古から河豚を好んで食べた証

河豚は「当たれば死ぬ」というので“鉄砲”の異名をもつくらい内臓の一部に猛毒を持つ魚

他に食べる魚が獲れなかったわけでもないのに、なんで毒を持つ河豚を好んで食べたのかしら…それだけ、この毒魚の味が美味で誘惑的だと言うことでしょうか

猛毒の正体は《テトロドトキシン》で、なんと青酸カリの300倍もの強さだそうです

.

武士社会になると、主君のためにある命を、あたら河豚中毒で落とすのは不名誉極まりないと武士には河豚を食べることが禁じられたんですって

その点、町人は気楽なもので『河豚は食いたし、命は惜しし』なんて言いながら、冬を待ちかねてその美味を享楽していたようです

.

そんな魚だけに河豚に因む諺や逸話はかなり多く、『河豚喰う無分別 喰わぬ無分別』なんていうのもあります

ちょっと艶っぽい川柳もありましたよ

ふぐ汁のようなものだと妾を見

大人なら、男性なら、羨ましいような怖いような思いが分かるのでは?

.

井原西鶴の作品にも『好色一代男』をはじめとして河豚を賞味する江戸町人の姿が活き活きと描写されています

俳人・芭蕉も、

あら 何ともなや きのふは過て ふくと汁

との句を残しています

河豚を食べた夜は心配で安眠出来なかったが、朝まで何ともなくて、やれやれとホッとすると…その気持ち、分かるだけに笑えないですね

俳人・芭蕉の句をもう一つ

河豚汁や 鯛もあるのに 無分別

鍋なら鯛という美味しくて安心な魚だってあるのに、何を好んで毒がある河豚を食うのか…といいつつ河豚を食べる…この気持ちも分かりますね

たしかに鯛は美味しいけれど、鯛を食べるのは春になってからでもいい

冬はやはり旬の河豚で鍋=てっちり

何と言われようと、その味の誘惑には勝てないようです

千年以上も昔に、北宋の詩人・蘇東坡が「河豚の味、一死に値す」といっているくらいですもの

.

いまは河豚を捌くのは、ちゃんとした国家資格を持った調理師

資格ある調理人の包丁に任せて、安心して賞味したいですね

.

ガラス細工の花弁のように美しく繊細な“河豚刺し=てっさ”

Photo_4

もっとも、これはスーパーの刺身売り場で買ってきたんですけど

アララ、気を付けずに盛り直したら一昨日の北海蛸刺しと同じ皿bearing

.

料亭で大枚はたいた河豚も、スーパーの刺身売り場の河豚も…味は河豚(*ノv`)b

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月16日 (土)

北海蛸刺し

fish美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

日本人の多くは蛸が好きなようです

日本で獲れる蛸の種類は約50種、中で食用にされる主なものはマダコ、ミズダコ、テナガダコ、イイダコなど

最も馴染みがあるのは真蛸ですが、大きくて柔らかい水蛸というのも人気です

真蛸に比べて身がやや水っぽい為、水蛸と名付けられたと言われます

地方名では北海蛸と呼ばれ、こちらの名のほうが通ってるかも知れません

.

主な産地は北海道、青森、日本海側の、東北地方以北

この水蛸は世界最大とも言われ、大物になると全長3m、重さ20kgにも及ぶそうです

そのため、丸ごと買うのは大変だと市場では生か茹でるかした足を、さらに切り分けて売られます

.

蛸に多く含まれるアミノ酸の一種・タウリンは、コレステロールを下げ、血圧を正常にし、肝臓の機能を高めるそうですが

.

Photo

水蛸を、刺身で食したときのしなやかな歯触りは真蛸以上とも

刺身、酢の物などのほか、とくに“シャブシャブ”は美味しい

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月14日 (木)

双子卵

chick美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

今日はバレンタインディー

バブル期に編集者だった私は、手提げ袋に詰めたチョコレートを持って寄稿者&スポンサーから下請けまで挨拶回り…いかにもバブル期らしかったsign02

そんな義理チョコは沈静化してきたようですね

.

私事ながら、明日でブログ開設14年

訪ねてくださる方、コメントを入れてくださる方…応援してくださる皆様のおかげで続けられております

これからも、どうぞお付き合いの程をよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

.

昨夕の納豆に乗っけた卵、黄身が2個…ツーラン

双子ちゃんでした

Photo_3

なーんてことにも「ウフッ、モウケ~」なんて単純にLuckyheart02気分scissors

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月12日 (火)

鱈の親子?煮

fish美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

暦の上では立春が過ぎましたが、売り場にはまだ冬の魚“鱈”がズラリ

鱈の季節は冬、魚偏に雪と書いて“鱈”ですもの

.

切り身で並ぶのはスケトウタラ(助宗鱈とも)ではなく“真鱈”

その身が雪のように白いことと、雪の季節が旬だから付いた名です

季節はもう春、冬の魚“鱈”も生で出回る時期はそろそろ終わり

.

真鱈の別名は大口魚、ガバッと開けた口は体径ほどもある。

その大きな口で腹の皮がはち切れるほど大食します

だから、大食いすることを「鱈腹食う」と言うんですね

.

Photo_5

鱈は白子も珍重されます

だから本当は真鱈の白子で親子煮といきたかったのですが、売り場にはスケトウタラの白子だけ

真鱈の身とスケトウタラの白子…親戚煮かな?

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月10日 (日)

鯖の味噌漬け焼き

fish美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

一般に出回る鯖は主に真鯖(本鯖)と胡麻鯖ですが、今は時期的に胡麻鯖

『鯖の生き腐れ』の謂われがあるほど鮮度が落ちやすく、その上、鮮度がおちても分かり難いのが難点の魚

.

鯖の刺身は食中毒の上位を占めます

この中毒は魚の蛋白質が腐敗してアミン質になるからですが、鯖はとくに蛋白質分解酵素の働きが強く腐敗が進み易いのです

.

『鯖を読む』という諺も、鯖は傷みが早いので急いで数えいちいち数の確認などしなかった…という説があるほど

もっとも鯖に限らず、魚を数えるのは時間との勝負

もたも1本ずつ数えてなんていられないってことで、五十集(いさば=魚市場のこと)読みという大雑把な数え方言葉まで生まれたと

この五十集読み=いさば読み→鯖読みになったという説もあります

.

生活習慣病の予防になるAPE(エイコサペンタエン酸)が豊富

その栄養丸ごと摂りましょうと『鯖缶』が大人気で、去年は鯖缶ブームでしたね

.

Photo_4

小振りだったので、三枚におろしてそのまま味噌を酒少量で緩めた漬け床に。

一晩漬けて、焼くときは洗わず…焦げに注意sign03、なんですが~焦がした weep

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月 8日 (金)

老舗の想い出カレー蕎麦

noodle美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

4日に内視鏡の検査待合室で夫の受け持ち看護師だったOさんと久しぶりにお喋り

Oさんは夫の入院中はずっと看てくださり、付き添う私まで気にかけてくれました

.

夫が逝った後、たまたま私が消化器科の患者になり、Oさんは院内移動で入院病棟から外来に

だから、診察や検査に行くとよく逢って、本当に短い会話ですが癒されてます

.

4日には「もう七回忌も済んだのね」などとお喋りしたせいか、帰宅後も私の想い出は入院中の事だけじゃ無くずっと古くまで遡りました

いろんな想い出が蘇ってくる中、ふとあのカレー蕎麦も思い出しました

.

いまはもう昔、と言えるくらいの過去、仕事先の出版社が銀座裏通りにありました

夫の会社も数寄屋橋にあって、ランチ時に二人とも時間が空いていれば待ち合わせ

.

取材だ、締め切り前だ、出張だと互いに多忙でしたが、それでも夫婦で待ち合わせてのランチは楽しかったです

待ち合わせてランチと言っても、せいぜい定食か麺類でしたが

.

二人とも蕎麦好きで蕎麦屋もいろいろ渡り歩きました

いまではとっくに店仕舞いしたそうですが3-2辺りにあった【利休庵】のカレー蕎麦が妙に気に入ってました

このカレー汁が、単に麺つゆでルゥを伸ばしたような油脂香(ルゥ味)のない出汁の効いた和風

いかにも蕎麦屋のカレーつゆって感じが美味しかったの

.

殆ど食事が摂れなくなった夫が「あのカレー蕎麦、良く食べに行ったよね」と言った時

思い出しながら作ってみましたが、夫が「あ、これ【利休庵】の味だね」

.

実は完全に再現は出来ていないのですが、もうそこまで鋭い味覚は無くなってましたから

昆布や鰹で丁寧に出汁を取りましたが、カレー粉だけは手抜きで調合済みの缶入り

でも、出汁の旨味が効いてくれたようでした

.

思い出したついでに、また作ってみました

時季の野菜が入ってたっけ…で、蕪を

Photo_3

あまりに古い思い出なので、味は違っちゃっても思い込みで「懐かしいなぁ」

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月 6日 (水)

ニンニク漬け二種

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

ニンニクを長期保存して調理や常食用にと、ポピュラーな酢漬けと醤油漬けを作りました

Photo

.

まずは、どちらも下漬けから…粒があまりに大きいのは半分に切って漬けます

  1. 瓶を煮沸消毒し、自然乾燥させておく
  2. ニンニクの皮を剥き、水洗いして水気を良く拭き取る
  3. ニンニクを瓶に入れ、漬かり切るまで酢(出来れば‘ラッキョウ酢’)を注ぐ
  4. しっかり蓋を閉め、2~3ヶ月ほど漬ける
  5. 酢を捨て、味醂を注ぎなおして、さらに1ヶ月おく
  6. 下漬けの酢と味醂は、ニンニクの臭いや辛味が出ているので勿体ないようですが捨てる

※下漬けしたニンニクが青く変色するのは、臭いや辛味の成分が分解して含有する無色の鉄分に反応するからで、食べても人体に影響は無いです

.

まずは醤油漬け

  1. 漬ける瓶は改めてちゃんと洗って煮沸消毒、自然乾燥して使う
  2. 下漬けしたニンニクを、加熱した醤油(ニンニクと同量)と酒(醤油の1/5)に漬け込む
  3. 冷暗所に保管、本漬け後は1~3ヶ月で食べごろ

酢漬けも瓶は消毒し直して

  1. 下漬けしたニンニクを、酢(ニンニクと同量、りんご酢がお勧め)と酒(酢の1/5)に漬け込む
  2. 冷暗所に保管して、1~3ヶ月で食べごろ

.

桜が咲く頃から食べられるかしら

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月 4日 (月)

大腸内視鏡定期検査

hospital美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Rimg0005_2今日は立春、暦通りに春到来の温かさ

温かいけれど時折吹く風がメチャ強い

.

立春から春分までに吹く強い南風を『春一番』と呼びます

今朝すでに北陸地方では『春一番』が観測されましたが、東京の強風は北風とのこと

今日は『春一番』どころか北風の影響で夕方から気温も急速に下がるらしいの

.

そして今日は午後から大腸内視鏡定期検査です

.

午後からと言うことは朝食も昼食も食べられませんbearing

前日から検査準備でお粥程度ですから、食いしん坊には結構ツライ

.

検査日は朝から緩下剤(モビプレップ)など飲んで腸をスッカラカンにします

2㍑の下剤を10分ごとに飲むのは結構厳しい(しかもクセの有る妙な甘さなので)

ですが、●が○になれば飲みきらずに残しても構わないと言われてます

午後からだと時間的にはたっぷり余裕があるので、あまり苦しくないようにノンビリ飲んでいきましょう

.

昨年春にそれまでの担当医が転院することになり「キレイな腸で引き継ぎましょう」と、大腸腺腫6個の切除

だから安心?ならイイのですが、過去にも1年で新たな腺腫が出来ていたことがありましたからね

.

昼過ぎに受付、待ち時間や検査時間&検査後休養時間などで帰宅はたぶん夕方かなぁ

検査そのものより、毎度のことながら前後の時間が長くて疲れそう

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月 2日 (土)

節分用の打ち豆

japanesetea美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Photo_4

明日2/3日は節分、そして『大豆の日』

これは、節分の日には煎った大豆を撒いて邪気を払い、その大豆を年の数だけ食べて無病息災を願う風習から制定されました

大豆製品を扱うニチモウ株式会社が節分となることの多い2/3日をその記念日としたものです

.

節分の豆撒き、または豆打ちと呼ばれる立春前夜の行事は、元は散米(さんまい)、うちまきと名づけられた神事儀礼から変形したもの

儀式が民間に伝播していくうちに節分祭の豆撒き行事として完成されたと思われます

.

日本民族にとって米や豆はとりわけ重要な作物、二千年来の“民族食”で和食の土台・根幹です

とくに大豆は「畑の牛肉」とも称され、健康食材として世界中に注目されている食材

.

古代人は豆に《魔滅》《霊芽(まめ)》の文字を当て、魔滅=病魔退散&霊芽=生命力強化の祈りを込めたと言われます

日本で最古の医学書『医心方』(平安中期)には、「鬼毒を治し、病みを止め、むくみをおさめ、胃弱や食中毒を除き、五臓を軽くする」と大豆の素晴らしさを絶賛

除災招福を願う“追儺(ついな)鬼追い”の儀式と、散米(さんまい)の神事とがミックスして生まれた“節分祭”

.

豆まき用の煎った大豆は硬くて食べにくいので、炊き込みご飯にしちゃいましょう

出汁用昆布、同量の酒と醤油で調味して普通に炊き上げるだけ

.

豆撒きのあと、年齢分の数のまめを食べると「無病息災=まめ」に長生き…と

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 2019年1月 | トップページ