« 赤魚煮付け | トップページ | 和風ミモザサラダ »

2019年3月21日 (木)

牡丹餅

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

【ココログ】のメンテナンスが予定より大幅に長引いて、お訪ね頂いた方々にもご心配をおかけしたのではと申し訳なく思います

.

今日3/21日は春彼岸の中日

お彼岸の初日を「彼岸の入り」、真ん中にあたる21日を「彼岸の中日(ちゅうにち)」、終る日を「彼岸の明け」と言います

彼岸(ひがん)とは極楽浄土のことで、私たちが生きているこの世界のことは此岸(しがん)と言います

.

この「彼岸の中日(ちゅうにち)」は春分の日(21日)ですが、なぜ春分の日は彼岸の中日なんでしょう

春分や秋分の日は昼と夜の長さが同じになり、太陽が極楽浄土があるとされる真西に沈みます

そこで、この日に彼岸に行ってしまった先祖を供養し、いずれは自分もちゃんと彼岸にいけるように祈るのだと言われます

.

彼岸のお墓参りには、線香や花のほかに春は『牡丹餅』、秋は『お萩』を用意するのが習いですね

同じ作り方なのに、春には春の花『牡丹餅』と呼ばれ、秋なら秋の花『お萩』と呼ばれるのはナゼ?

一説には、元々は春彼岸の牡丹餅は、牡丹の花びらの絹のような質感を模して“漉し餡”で。

秋彼岸のお萩は、萩の花に見立てて“粒餡”でとか

季節の花に名を変えるのが日本の面白い心…いや、風情かしら

.

さて、 半殺し…何とも物騒な言葉ですが、ご飯を擂鉢に入れて擂り粉木棒などで潰したもの

この言葉は、安達が原に住んでいたとされる《山姥伝説》に怯えていた旅人が、その夜の宿の主人が「明日の朝は“半殺し”がよかべぇ」と言うのを聞いて逃げ出した…との噺に出てきます

.

この“半殺し”を卵型に丸め、小豆餡・白隠元餡・豌豆餡などの餡を塗したものは春や秋の彼岸に欠かせない食品に

Photo_2

中に餡を忍ばせ、砂糖を入れた擦り胡麻や黄な粉を塗したものも人気

お彼岸時期のス-パーの店頭は『牡丹餅』のオンパレードです

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 赤魚煮付け | トップページ | 和風ミモザサラダ »

コメント

隔日に更新しておられますので、何度か訪問させていただいていました。
更新がないのでお身体の具合が?と、心配していましたが、ココログのメンテナンスだったとお聞きし安心しました。

今日は買い物に行く予定がなかったですが、牡丹餅を買いに行こうかな。
彼岸の中日の意味がよくわかりました。
ありがとうございました(^_^)

momo様
リニューアルと言うことでしたが、いつまでも管理画面が出ず、その後も自分のURLに“誤”表示が出たり絵文字も無くなったりいろいろで「改正じゃ無く改悪だ」とサーバーが炎上状態でした…仏壇に供えた分は固くなっちゃうかもね~~;

今年はバタバタしていておはぎを作れませんでした。
うちはお仏壇はないのですが、落ち着いたら作ろうかなと思っています。
私が一番好きなのは、あんこをもち米で包んで黄な粉をまぶしたものです。
複雑な味がしてとても美味しいと思います。
私は力持ちなので時々半殺しを通り越して、瀕死の状態にしてしまいます。

MOM様
お好きなのは右上のですね、私はズンダが好きなのですが数個だけ作るのは面倒なので市販品

そうなんです。
自分で作ると、夫の分、友人の分とそれなりに作ります。
それで、自分でもたくさん食べてしまって後で後悔です。

あ~、写真を拝見して食べたくなりました。

お墓参りの帰りに牡丹餅を買いました。
漉し餡と粒餡の両方。
漉し餡が牡丹餅、粒餡というのは知りませんでした。

ココログのリニューアルがうまくいかなかったようで、未だ、投稿出来ません。
投稿なさった方もいらっしゃいますが、有料会員から先に回復しているのでしょうね。

もしかしたら、このまま、投稿できず、私のブログも終わるかも??

粒餡の文字の後に、『が お萩』の文字が抜けていました。
すみません。よく見てなくて・・・

MOM様
独りだと手作りでは多く出来過ぎ(配る友人も逝っちゃったし)、和菓子屋で買ってきました


hikobae様
更新の送信も出来ないし、絵文字は無くなるし、その他の不具合もいっぱい…いったい何のためのリニューアルかと思います(改良じゃなく改悪??かとココログも炎上してますね)

牡丹餅とお萩、私的には春も秋も関係なく好きな方を食べたいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤魚煮付け | トップページ | 和風ミモザサラダ »