« 鳥貝と三つ葉酢の物 | トップページ | 分葱と浅蜊のヌタ »

2019年3月10日 (日)

蛍烏賊と菜花芥子味噌

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

大好物の蛍烏賊の時季

.

春から初夏にかけての富山湾の夜は青白い光を放つ妖精が夢の世界に誘う

妖精の正体は、産卵のために群れをなして湾内に押し寄せる“蛍烏賊(ほたるいか)”

夕暮れ時になると、“蛍烏賊”は産卵のために海面近くまで浮上、青白い光を放ちます

この「蛍烏賊群遊面」は特別天然記念物になっていて、こうした自然の神秘をひと目観ようと観光客が押しかけます

この海面を見る観光船が、滑川や魚津から出ているそうですよ

.

蛍烏賊の栄養成分のレチノールや抗酸化ビタミンEは生活習慣病に、他にもビタミンB12やタウリンが豊富です

.

蛍烏賊は傷みやすく、ボイルされての出荷が殆どです

本当は生食も美味しいのですが、近年はアニサキスの心配もあって滅多に市場には出ませんね

.

生っぽいのは、漁れたてをそのまま醤油に漬けこんだ『沖漬け』

サッと炙っても、そのままでも美味しい『蛍烏賊の干物』も酒が進んで、どちらも呑ん兵衛には困り物かも~

.

もし生が買えたら、卓上の小鍋でサッと湯通ししてしゃぶしゃぶ風に酢味噌で食べる『蛍烏賊の釜揚げ』もいいなぁ

.

一般的に入手し易いのはボイル物ですね

600x458_600x458

酢味噌・生姜醤油・山葵醤油で食べる他、サラダ・味噌汁・炒め物・豆腐と煮付けなどに使えます

パスタにも合います

.

ひと手間ですが白く飛び出た目玉を取り除くことでより食感が良くなります

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 鳥貝と三つ葉酢の物 | トップページ | 分葱と浅蜊のヌタ »

コメント

以前から蛍烏賊の目玉が気になり、取っていました。
このことは、気にしすぎるのかなと思い、取らないときもありました。
でも、今日の記事を読ませていただいて、自信を持ちました
目玉を取り除く方が食べやすいですよね!!

菜の花の葉も取られていますね

momo様
ちっちゃな目玉ですが口中での食感に障りますね、どうせなら気持ちよく食べたいとおもいますね…菜花の葉は刻んで汁の実にしました

ちょっと面倒でも手間をかけると
美味しさも倍増しますね
酢味噌で食べるのが好きです(^^)v
塩辛も好きですが、お高くて‼!

今日は春のような陽気になりました
嬉しい〜♪

蛍烏賊はちょっと苦手、でも、季節に一度ぐらいは主人にと思っています。

私は食べませんが、夫が好きなので時々買います。
目玉取り最初はちょっと気味が悪かったのですが、慣れました。
でも、目玉を触るのは苦手です。目玉を取った後のクチャッとした目元が嫌なんです。
一度に人パックは食べられないので、1日目は酢味噌で、2日目はさっと火を入れてちょっとお醤油を垂らしています。
イカは好きなんですけど。

ホタルイカの漁のやり方をテレビで観て、なるほどと思いました。
大好きではないですが、季節に一度は食べていると思います。
確か、栄養価も高いのですよね。

チーちゃん様
短期間しか市場に出ない時季物食材はまず食べて季節感を味わいます…酒肴に合う食材よね


hikobae様
食から季節を感じることって大切だと思うんです、ご主人様のためにってステキ


MOM様
皆さん旦那様の食事を優先、さすがだと思います…ピンセットで取れば少しは感触が違うかも


MONA様
丸ごと食べる蛍烏賊の栄養は豊富…生活習慣病や脂肪肝にも効果が期待されています

富山湾に打ち寄せる蛍烏賊、テレビの映像でよく見かけますが幻想的ですね。
酢味噌で食べる味、好みです・・

yasu様
yasuさんはイケる口かしら、蛍烏賊はご飯よりお酒に合うような…最近はパスタによく使います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥貝と三つ葉酢の物 | トップページ | 分葱と浅蜊のヌタ »