« 蕨のおかか煮 | トップページ | 菜花の薩摩揚げ »

2019年4月 8日 (月)

茎山葵の味噌粕漬け

🍺美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

わさびの茎は柔らかくて大変痛みやすいそうです

だから美味しいのに一般にはほとんど流通せず、味わえるのは農園の人か門前の人の特権

.

知人が帰省のお土産に葉付山葵を届けてくれました

茎を切り落とした根は、もちろん鮫皮の下ろしで刺身に…あとで蕎麦も美味しく食べますよ

で、茎の部分は基本的には醤油漬けがポピュラーですが、味噌粕漬けにしてみました

Photo_476

酒粕は同量の酒で溶いて、同量の味噌を合わせておきます(粕は水で溶かず、日本酒で溶くのが美味しい)

茎山葵は水洗いして適当な長さに切っておきましょう

ザルを2個用意して一方のザルに刻んだ茎山葵を入れ、沸騰したお湯を上からかけ回します

すぐにもう一つのザルで蓋をし、上下に何度も激しく振ります(少なくとも100回以上…疲れます)

山葵の辛い臭いがしてきて、水気が切れ山葵の茎がしんなりしてきます

ここで、お湯のかけ過ぎに注意、かけ過ぎるとお浸しになっちゃいますよ

.

ガラス瓶のような密封できる容器に押し込んで、味噌粕を加えて混ぜたらしっかり蓋をして冷蔵庫に

半日ほどで食べられますが、味が馴染んで美味しさがUPするのは数日後

.

醤油漬けの場合は刻んで熱湯をかけたあとの調味を醤油に替えて密封し冷蔵庫に

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 蕨のおかか煮 | トップページ | 菜花の薩摩揚げ »

コメント

緑鮮やかに何とも美味しそうな山葵漬けですね。
山葵は葉の付根の部分が一番美味しいそうですね。

主人は時々 奥多摩へバイクで出かけますが、お土産は決まって山葵漬けです。
職場の方にも喜ばれているようです。

>hikobae様
奥多摩の山葵は私も馴染み深いんですよ…下ろしたての山葵だけ巻いた細巻が大好物ですが、これは市販してませんものね;;

葉つきワサビを思い浮かべました。
茎の部分、食べられるのですね? 
美味しそうです!(=^・^=)

>MONA様
今の時季はお浸し向きの花山葵も出るかと、茎山葵漬けはちょっとした保存食に✌

おはよー(^^)
青々として美味しそうー(^^♪
やはり、手間は大切なんですね
ピリっとするのかな?

>チーちゃん様
普通の市販山葵漬けのようですが、刻んだ根が入って無い分辛さは和らいでるかと(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蕨のおかか煮 | トップページ | 菜花の薩摩揚げ »