« 枇杷 | トップページ | 子持ち鮎甘露煮 »

2019年6月 3日 (月)

菊芋の塩漬け

🍺美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

菊芋(きくいも)は、 キク科ヒマワリ属の多年草で和名が菊芋、別名はアメリカイモ、ブタイモなんて呼び名も 😃

英名Jerusalem artichoke、girasole、学名Helianthus tuberosus

この学名のヘリアンツス・ツベロススとは、ギリシャ語で「塊茎を作る太陽の花」を意味します

トピナンブ族 (アメリカンインデアン)由来の野菜ということで、欧米ではトピナンバー、トピナンプールの名で呼ばれるほか、カナダポテト、エルサレム・アーティチョークとも

.

原産は北アメリカ北部から北東部で、日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来しました

栽培されているもの以外に、繁殖力が強い植物なので少しの芋を植えただけでたちまち増え野生化したものが各地に見られます

.

草丈は1.5~3mと大きくなり菊やヒマワリに似た黄色い花を9~10月につけ、10月末に地中に塊茎を作ります・・・それが菊芋です

.

この塊茎は食用や飼料にするほか果糖の原料にもされます

主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリンで、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれるそうです

イヌリンは消化によってキクイモオリゴ糖(イヌロオリゴ糖)となり、健康食品として顆粒やお茶に加工され市販されています

.

通常の芋類と異なり、デンプンはほとんど含まれません

そこで糖尿病のほかアトピーや生活習慣病など様々な病気、健康に関する悩みの解消に対応する高機能食品として注目されています

.

塊茎の収穫は秋から初冬にかけてですが、顆粒やお茶などは何時でもあるし、漬物も春いっぱいくらいは出ていますね

なぜ初冬に収穫された菊芋の漬物が今頃~??

菊芋の漬物は水が上がるのにかなりの重石を乗せ時間が掛かるそうです…素人には大変そうなので買いました

カリカリ食感で糠漬けや塩漬けが一般的で…これは塩漬けでした

Photo_504

.

晩秋にでも生芋が見つけられたら、牛乳で煮たり、バター焼き、フライ、スープ、味噌漬け、煮物などにして食べてみてください

それもけっこうイケます

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 枇杷 | トップページ | 子持ち鮎甘露煮 »

コメント

ユリ根に似てますね~☝(๑’ᴗ’๑)~♪
味は全然違うんでしょ
色々なお野菜がありますね
それにいろいろなお料理に向きそうで扱いやすそうですね
うちの方で売ってるでしょうか…
見た事が無いんですが…。◔‸◔。

>time様
生芋の収穫は秋以降ですからいまは野菜売り場には無いでしょう、漬け物としてなら売られているかも…芋なのにカリカリ食感です(*.*

菊芋、義妹に貰って食べたことあります
確か、キンピラ風に炒めたような・・・
やはりカリカリ食感で美味しかったです
今度は漬物で(^_^)

頂いたキクイモ、今頃になると芽が出てスカスカになってしまいます。折角のキクイモですが、無駄にしてしまったものも・・

>チーちゃん様
菊芋の漬物は美味しいけど、芋が固いので普通の重石では水が上がり難いそうです挑戦ガンバ!✌

>MONA様
血糖値の上昇を抑える効果があるそうです、いろいろ料理に使ってみてください^^☝

菊芋漬けは昔、祖母が作ってくれよく食べました。
カリカリとした食感いいですね。今でも忘れません。

これからは梅雨の季節、お体をご自愛ください。

>yasu様
食感いいですよね、好きなので血糖値が高い訳じゃないですが予防と思って😅

買い物に行くお店で菊芋見たことがあったかな~?
いつも同じようなものを買ってあまり違う棚を見ていないような気がしますが、それでも変わったものがあったら目に付くと思うのですが。

>MOM様
亡夫がかつて血糖値が上がった時に友人が「菊芋がイイよ」と送ってくれました
カリカリ食感が気に入って見つけると買います--☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枇杷 | トップページ | 子持ち鮎甘露煮 »