« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

感謝で年が暮れ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

今年の終盤には通い慣れた医大の一般診療休止やら、個人的体調不良などで心的混乱もあってブログの記事内容も不安定

コメントの非公開でご不便やご不快、ご心配をお掛けしましたこと申し訳なく存じます

.

いつも、皆様の処にお邪魔して拝読する日常・・・そして自分では体験できていないことを知ることに喜びを感じさせて頂いておりますことに感謝致します

ブログを続けることで、それがどれだけ日々の楽しみであり、生き甲斐になっていたるのかは痛いほどに感じています

.

ブログを始めて16年余、なんど楽しみや悲しみ-etc、書いてきたことでしょう

夫と旅した思い出、オフ会での楽しい思い出・・・日常に見聞きする細かいことなどまで

.

そして夫の闘病中には、此処に書くことで頑張れたと思うのです

末期に近づくほど、なぜか耐えがたい誹謗・中傷もありました(イマでも時々は)

ただ、いつも多くの方々から頂く優しさ・激励、我が事のように気にしてくださって

どんなに支えて頂いたことでしょうか (* ^,_」^)o アリガトー♪

.

幾人かの方が「体調より心境が心配!」とか「ブログが暗くなってる」と・・・

私の言葉に異変を感じてくださり(。-.-。) ゴメンナサイ!、ღ˘◡˘ற♡.。oO

Photo_20201106154101

夫が逝って満9年と2ヶ月

落ち込み「イヤンなっちゃう」ことも多々ありますが~腰を伸ばして一息 (๑˃̵ᴗ˂)و ヨシ!

此処に引っ越した当初は「もう少し広いと良かったね」と言っていた空間が今は広い!!

.

本当に日頃のお見守り的(?)お付き合いをして頂くことへの感謝

その上、図々しくも「今後もよろしくご指摘お見守りくださいませ」と

.

ご無事に新たな年をお迎えくださいますように

.

****************************

※応援してくださる方々のお気持ちは感謝して頂戴しております

気持ちを切り替えてコメント公開も・・・ただ、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

更に大きく重く

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

さて。もうお馴染みの方もいらっしゃる、我が家のお化け“シャコバサボテン”

別名『クリスマス・カクタス』と言われるので、毎年のこの時期に撮ります

Rimg0006-2

Rimg0002-2

殆どベランダで放ったらかし状態なのですが、流石に寒さが厳しくなってくると可哀相になって室内に取り込みますが・・・これが大変

重くって~半端ない重さで、腰に来るので年々歳々キツイ仕事になってきています

.

メジャーでザッと測った径は花が垂れてる状態で、およそ70cm・・・༼༼@_@;༽༽

四半世紀は経ちますが、その間にも2度ほど落として鉢割れし株分けしてます

もし、そんな事故も無かったら~想像しただけで『ドンダケー 👈

.

そんな我が気持ちを知ってか知らずか(知るわけ無いでしょ)、今年も無事満開

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

独り結婚記念日

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

失してしまった事の経年数など数えても無駄なことだと分かってるのですが

でも~~夫が生きていたら~結婚記念日、53年?、54年目かな~??

この日には亡夫を想いながら、歌唱力抜群だったちあきなおみさんの『冬隣

亡くなった夫に会えない哀しみを紛らわすことは出来るようになったけれど

Photo_20201106170801

.

イマ想うのは、互いに消息を伝え合うことは出来ても逢えなくなっている人たち

厄介な“コロナウィルス”という存在が明らかになって1年あまり

未だに感染は世界中に増え続け、収束への道程も五里霧中

いずれは逢える日も来るのでしょう・・・みんな無事ならそれだけでOKなんだけど

.

.

こんな末端庶民の嘆きなど「痛くも痒くも無い」政権は何処までも自己保身

歳費も賞与も減額せず・・・だから国庫保証金減少を高齢者医療補助を引き下げて補うと

“Go-to”にも拘り~~と嘆いていたら、やっと「年末年始1/11までGo-to停止」に

これで人の流れを止め感染を減らしてから安心を胸に出かけらるようになればいいのですが~

何もかも遣ること為すことが民心とかけ離れ『感染対策の決定打』の英断を出せない

.

メルケル首相のように国民に拝み頼むような必死なメッセージも出せない上に、『5人以上の会合・飲食は止めて』と国民に言いながら自分では8人以上での会食や連夜のハシゴ外食

何しろ信用出来ない政権・・・こんな時にトップが「ガースーです」なんてヘラヘラ笑うって

.

自己の立場保存のためなら国民の犠牲などは“些少”と考える政権トップ

日本には「国民の暮らし向上」と動く政権は無い!!そう思うのが正解のようです

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

嬉しい

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

結婚記念日を2日後に控え、クリスマスも近い・・・そんな日

三鷹市にある就労支援・社会福祉法人“虹の会”が運営する『ワークショップハーモニー』から贈り物が届きました

契約農場・高野養鶏場の産みたて“府中たまご”使用の『こだわり豆乳プリン』

Rimg0001-2_20201218083101

今回はブルーベリーソースではなく、ほろ苦さが溜らないカラメルソースで頂きます

.

最近の自身の体調不良に加えて、この状況では直営店まで行くのも侭ならないのですが

いつもお心遣いくださる方が居ると言うことは本当に“嬉しく幸せ”なことですもの

感謝+感謝です

.

スモーク品、マフィン&クッキー、プリンなどは配送して貰えます

年末年始の贈り物やご自宅用に如何でしょうか

調布市深大寺東町7-47-7(三鷹や調布から小田急バスで🚌三鷹市役所前下車3分)

TEL/FAX 042-441-1580 予約やギフトのご相談もどうぞ

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

これはキヌサヤ?

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

キヌサヤは実が入りきらない若い豌豆で、青々とした絹のような質感があります

これがたくさん蔓に付き風に揺れサヤサヤと触れ合う音が絹布を捌く音に似ている・・・だから“絹サヤ”と

.

「絹サヤ」は料理、特に和食では彩りを添える格好の野菜です

日本料理の舞台では名脇役と言ってもいいくらいで、絹サヤの青味と形が料理の格上げに重宝

椀物や煮物に2~3本添えただけで全体がグンと引き立つのは知られること

.

絹サヤは豌豆の若莢を食用にするもので、別名“莢豌豆”と言います

地中海沿岸地方が原産地で、古代ギリシャ・ローマ時代にはすでに栽培が始まっていました

.

秋に種を蒔き、春に収穫する莢豌豆は、香りも歯触りも春らしい格別の色と食感

.

昨今では通年市場にありますが、本来の旬は4~5月頃で青々と艶が良く、ほとんど実入りしていないのがいいとされます

因みに実がプックリ入ると“グリンピース”として、鞘から実を出して料理に使われます

.

で~~となると、コレはどっちなんでしょう・・・と言うか何なのでしょう

販売名は“キヌサヤ”でしたが実はプックリ・・・でも、鞘も柔らか、時季的にも??

料理の飾り物として使うのでは無さそうだし~実だけ使うのには“超ミニ”

鞘も柔らかいので油揚げと炒めてみました

Rimg0003_20201207125901

器の横に置いた鉛筆は距離的にレンズから遠いので細く見えますが太さは同じくらいなんです

スッゴク簡単に炒めただけで柔らかく鞘も豆も美味しく病み付きになりそうな野菜

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

浅羽鰈

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

アサバガレイ(浅羽鰈)の切り身がたくさん出てきました・・・冬なんですね

アサバカレイは冬から春にかけての入荷が多いんです

.

関東では惣菜用として手頃な価格で出るのでカレイといえば“アサバ”と思っている人も居るかも知れません

市場には頭を落とした切り身で出ることが多いですが、プリッとした真子も美味しく煮付けや塩焼きで食べるのが一般的

.

体長は40cm ほどで、太平洋北西部、オホーツク海南部から朝鮮半島周辺に分布

日本では本州北部の沿岸にかけて獲れます

.

カレイの違いを見分けるのは素人では難しく、マコガレイ(真子鰈)やマガレイ(真鰈)などよく似てますし

違いを見分けるのは側線が湾曲して、頭の後ろから背鰭の基底にかけて側線分枝があること

口は小さく、歯は犬歯状・・・マ、素人は売り場でラベルやポップを見ればOKなんだけど

また、頬部が丸い鱗に覆われていることなど・・・でも~よく分かりません …(◔̯◔)?

Photo_20201116155501

鰈の見分けは本当に難しい・・・が、美味しきゃOKってことで

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

ハタハタ干物

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

近年は幻魚になりつつあった“ハタハタ”ですが、少し漁獲が戻ってきたようです

なんと言っても、秋田県男鹿から♪『秋田名物、八森ハタハタ・・・』と唄われるハタハタ

.

体長26cmほど、お腹の卵が飛び出しそうにパンパン!!・・・そんなハタハタは今は遠い夢

漁獲時期に制限があり、卵を抱えたハタハタは市場では~~仕方ないですね

.

でもね、骨が多くて食べ難いと思われている方に伝えたい・・・殆どの骨は柔らかくて気にせず食べられるんです

.

『しょっつる鍋』や『ハタハタ飯鮨』などが有名なことからも想像出来ますが日本海沿岸で漁獲されます

ありがたい魚だからと魚偏に神=『鰰』と書くこともありますが、一般的には魚偏に雷で『鱩』と書くことが多いんです

その訳は、ハタハタは別名を“カミナリウオ”と言います

ふつうはカミナリは夏が相場なのですが、北国では海が時化る11月下旬から12月に寒冷前線の影響でカミナリが鳴ります

また、この時期は沿岸に温水帯が発生してハタハタの接岸を妨げることがあるのですが、時化るとこの温水帯が破られ冷水帯になってハタハタが沿岸で豊漁に (ღ˘⌣˘)ラッキー☝

.

ただ、ハタハタの漁獲高はまだまだ少ないので解禁期間はほんの僅かとなっています

はち切れんばかりに腹に卵を抱えたメスのハタハタ

焼いても、煮ても美味しく、塩焼き、田楽、煮付け、鍋物・・・魚の身も旨いが、卵の周りのヌメリとした食感の美味しさ・卵のブリッとした噛み応えなど、幻にならないように祈るばかり

.

内臓を出した一夜干しなら、時々は売り場に並びます

Rimg0004-2

自然な甘味を感じる柔らかな身が“フゥーッ”と気持ちを優しくしてくれます(´艸`)オイシー♪

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

苦難の始まり

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

今日は暦の上では『大雪』

朝の寒さが厳しく感じるのも当たり前なんですね、風邪引かないようにしましょう

Photo_20201206123401

.

で、明日は『太平洋戦争開始日』

つまりは日本人に苦難が強いられることになった日

開戦日じゃなく“開始日”って、なんてカッコイイ言い方で誤魔化していますが、国民の苦しみと哀しみなどが始まった日なのです

1941年(昭和16年)12月8日未明(ハワイ時間12月7日)に日本海軍がアメリカ合衆国のハワイ準州オアフ島真珠湾を急襲したことが戦争の口火を切ったと

当時の政府は国民には何一つ真実を伝えていません

ん?、なんか現政府と通じる??

と言うか政権っていつもそうなんでしょうね

.

『コロナ対策』を“コロナとの戦争”と見れば・・・政府はイマでも日本には“神風”が味方だから負け不知とでも~

勝策は『原爆に竹槍で刃向かう日本国民=“Go-to”』行け行けですか?

・・いえ、そう見えないように政府が主導権を取らず「自粛は自由です」と

内実は「“経済(お国)”のためには屍も乗り越えて進め」とか(*☉д☉)☞

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

氷頭なます

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

西海に鮭なく、東海に鯧(まなかつお)なし・・・かつてはこう言われていました

流通が発達していなかった頃は西日本や南日本では生鮭は手に入り難く

で・・・同じように、東・北日本では鯧に馴染みが無かったのですが~

.

川で生まれ孵化して海に帰り一生の大半を海で過ごす鮭は、やがて再び生まれた川に産卵のために戻って来ます

その時の鮭はほぼ絶食状態で一心不乱に上流を目指し、卵を産み終え受精させるとオスもメスもその一生を終えるんです

.

ただ、鮭が美味しいのは、この産卵前

鮭は魚偏に圭と書きますが、この“圭”の語意は「楚々として美しい」と

形も、色も、もちろん味も、美しい魚で加工法や料理法の多種さは“鯧”とダンチ!

.

沖獲りが一番美味しいのですが、市場に出るのは生まれ故郷の川の河口近くに戻った頃から、せいぜい川に入った直後まで

俗に『南部の鼻曲がり』というのは、上顎が鉤のように曲がったオスのことで青森や北海道では“アキアジ”と呼びます

更に川を遡ってくると体色がどんどん変化し皮にヌメリが出てきます

実は、こうなると“ホッチャレ”と言って食用には適しません

.

鮭は、身は勿論、頭や内臓、皮や卵・精巣と捨てるところが無い魚で、とくに卵は珍重されます

卵膜に包まれたままの若い粒が“筋子”、熟し始めて一粒ずつに解したものが“イクラ”

.

鮭は、皮下に条虫の幼虫がいることが多いので生食は好ましくありませんが、完全冷凍した身は刺身風に『ルイベ』に

鮭は石狩鍋や三平汁、粕汁、塩焼き、バター焼き、昨今は“チャンチャン焼き”も人気

フライにしても、酢締めや酒浸しもいいですね

開いて塩をし風干しした“トバ”も格別の味だし、燻製も美味しいし

.

どんな料理にしても美味しく捨てる部位のない鮭・・・干し上げた皮はバックや靴に

で~~最近の流行り・・・皮を素揚げして塩胡椒でチップス(´艸`)オイシー♪

鮭好きはいろいろ考えます、頭から尻尾までシッカリ珍味に仕上げようと

Rimg0008-2

更に珍味、頭の軟骨は酢味でコリコリに『氷頭(ひず)なます』

1尾から採れる氷頭は少量・・・こんなモンかな?、希少部位なのです

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »