« 粘々ギバサ | トップページ | ツブ貝刺身 »

鱒の冬葉

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

マス(鱒)はサケ目サケ科に属し日本語名に「マス」がつく魚

日本で一般にサケ類(通称でシロザケなど・・・いわゆる鮭)、ベニザケ、キングサーモンと呼ばれる魚以外で、サケ科の魚をまとめた総称だそうです
.

マス、トラウト共にサケ類の陸封型の魚で海に戻る(降海)前の魚を指すことが多いでしょう

主に、イワナ、ヤマメ、アマゴ、ニジマス、ブラウントラウトなどがマス類、トラウト類など呼ばれます

.

炙りサーモン、鮭のルイベ、鱒の寿司などなど・・・私たちは日頃から適当に呼び分けていますが

「ピンクの身を持つ鮭グループの魚」はサーモンなのか鮭なのか、鱒なのかって深く考えませんね

.

その違いを改めて(但しザックリですが)調べてみました

サーモンと鮭の違い?

学術的な分類はまた別として、スーパーなどで購入する場合にも“鮭”なのか“鱒”なのかくらいは知っておきたくて

まずは銀鮭、紅鮭など「鮭」の表示があるものは鮭、「アトランティックサーモン」と表示されているものがいわゆる‘’サーモン‘’

.

日本で鮭として売られているものは、北太平洋と北極海の一部に生息するシロザケという種が多いそうです

これは分類ではサケ科サケ属になります

さて・・・で?、鮭と鱒との違いは?

.

鮭と鱒と聞くと、随分違う魚のように感じますが、実は鱒もサケ科の魚です

かつては淡水に棲むものは鱒、海水に棲むものを鮭と区別したり、サイズで大きいものが鮭、小さめは鱒と分けたりしていた時代もありました

ですが遺伝学が進歩し、そういった分類では纏めきれないと判明、その区別は専門家の間でもまだ研究段階にあるそうですが

.

何度も『鮭のトバ』はご紹介してきましたが、今回は『鱒のトバ』です

Rimg0003-2_20210121151901

こういう“ロック(岩石)”状の干し方は子供時代にも手伝わされて・・・懐かしい形

「トバ(冬葉)」はアイヌ語の tupa トゥパ「鮭の身を縦に細かく切って乾かしたもの」に由来するとか

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

« 粘々ギバサ | トップページ | ツブ貝刺身 »

コメント

わぁ〜!美味しそう〜😆
やっぱり日本酒で食べたいですぅ
癖になる美味しさですもんね
>子供時代にも手伝わされて・・・
一般家庭でも作られてたんですね
鮭と比べたら鱒の方がちょっとお手頃かな?

>チーちゃん様
こういう魚介珍味は酒が進む肴になりますよね
父が漁業資材会社をしていたので大量の魚が届けられ、手がフヤケルほど干物や漬け魚に加工して保存してました༼༼@_@;༽༽

鱒トバというのもあるのですね。
鮭トバは知ってます。
主人が北海道のお土産に買ってきた棒状のもので、私には硬くて頂けませんでした。
お写真の鱒トバが美味しそうに見えて、私にも食べられそうな気がしてきました。

今は何とか理解できました(^_^;)
でも、しばらくしたら、また分からなくなりそう…
皮まで栄養があり、極寒の地で生きる人々の蛋白源だったのに惹かれます。

>hikobae様
同種の魚ですし、加工法も同じなので味はどちらも変わりませんლ(´ڡ`ლ)
硬いトバが多かったのですが、最近はソフトが人気で塩分控えも、食べやすくなりました

>もな様
同科の魚なので同じような加工をすると食べても判別は出来ません・・・ソックリさん
鮭類と鱈類は北国の食卓の大事な魚ですね(ღˇ◡ˇ*)♡

切って干して作られたんですか、何だか堅そうですね。
歯の丈夫な内に食べないと噛み切れないような・・小生は今の所大丈夫ですが・・(笑)
頬張りながら熱燗で飲む酒はきっと上手いでしょうね。🍶

>yasu様
手伝ったのは何十年も前の子供時代です・・・指が霜焼けになりました
最近は“ソフト乾燥”が出来るようで、昔ほど硬くないので食べやすいですლ(´ڡ`ლ)

🐟🐟
やっと彼らの違いが分かります。

>防犯カメラ様
メチャ恐縮です_(^^;)∂

北海道で育った義父が「鮭は捨てるところがないんだ」とよく言っていました。
氷頭なますも昔作っていたようですが、義兄夫婦も私達夫婦も食べられませんでしたし1匹まるごと買うこともなかったので”お手並み拝見”はできませんでした。

今よりさらにひどい偏食だった私は子供の頃は鮭でタンパク質を摂っていたようです。
今も大好きでハラミの皮の焦げたところがとても好きです。
☆もー☆も♡M♡も鮭のソテーのカリカリの皮が好きと、私の分も食べてくれます。

夫の社員旅行に誘っていただいて、ニジマス釣りに行ったことがありました。
新鮮でとても美味しかったです。

MOM様
関東以西では鮭は極めてポピュラーな魚で、保存法や加工法も多種で馴染まれています
1年がかりで乾燥発酵させて造る越後村上市の塩引き鮭の『鮭びたし』・・・天井から無数の塩引き鮭が吊るされている光景は圧巻
あの光景はロック状の冬葉を作る情景に似てます(ღ˘⌣˘)☝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 粘々ギバサ | トップページ | ツブ貝刺身 »