« スッタモンダの五輪 | トップページ | ネット不通に »

土用の丑でウナギ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

今年は夏の土用の“丑の日”は1回

鰻屋さんや魚屋さんはガクッ?・・・でも、どのみち鰻蒲焼きは庶民には“高嶺の花”

.

『土用の丑の日』に鰻を食べることが爆発的に人気が上がったのは江戸時代

あの有名な医師・平賀源内が、贔屓の鰻屋が夏の熱さで売れ行き不振で困っていると聞き「本日は土用の丑、鰻食うべし」と書いた板を店頭に出させたことからと

当時は土用の丑の日には、うどんや梅干し、瓜といった『う』の字のつくものを食べると夏負けしないという俗信がありました

鰻屋に出したコピーが大当たりで『う』は鰻という風習にまでなったと言われています

.

ただ、昨今では肉食系人が「『う』は鰻に限らない、丑と言うんだから鰻より牛だ~」と牛肉が仲間入りして人気上昇

鰻の高騰もあって、牛肉がいつも以上に売れるんですって(๑´ლ`๑)フフ♡

.

夏の土用の頃は海や山が荒れ易い・・・人間の体調も乱れがちになりますね

鰻でも牛肉でも、とろろ芋なんかもイイんです・・・スタミナ維持&夏バテ防止

.

天然鰻は胸鰭のところが少し黄色味を帯びていて『胸黄=ムナギ』が訛って鰻になったと

鰻を蒲焼用に開く時、関東は背開きで、関西は腹開きにしますね

これは、江戸は武士優先社会、腹を切る(切腹)は縁起が悪いと忌み嫌ったことから

蒲焼の調理も、関東では蒸して脂を抜いてからタレで焼くので箸ですぐに切れるほど柔らかい仕上がりですが、関西では串を打って素(しら)焼きにしタレで仕上げるので歯応えが残ります

どう焼いても鰻は良質の蛋白質と脂肪、ビタミンA・Eが豊富で体力回復にはもってこい

.

鰻の食べ方には白焼き、雑炊、茶漬け、八幡巻きなどいろいろありますが、「やはり鰻は蒲焼に落ち着く」とは食通作家・池波正太郎の言

Photo_20210523135201

私は粉山椒より“おろし山葵”で頂くのが好きで・・・ラップで巻いて冷凍しておいた生山葵を

そのまま摺下ろして香りも食感も大丈夫(ღ˘⌣˘)☝

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

« スッタモンダの五輪 | トップページ | ネット不通に »

コメント

ば~ばさん こんにちは~

うなぎ高くなりましたね。
つにはたくさん美味しい鰻屋さんがあります。
お墓参りで食べるのを楽しみにしていたのに、去年も今年もお墓参りにいけてません。
外食も控えているし、混雑しそうな鰻屋さんにはなかなか行けそうもありません。
夫には生協の冷凍うなぎで我慢してもらいます。

私も昨日、鰻やさんの前を通り過ぎ、もう一度戻って「持ち帰りできますか?」と訊くとOK!
夫には「今日は特別…」と言って、戴きました。
山葵も美味しそうです!(*´∀`)♪

>MOM様
東京の老舗鰻店もティクアウトやデリバリーを採り入れる処が現れ世相(時代)を感じます
スーパーの鰻も国産で有名産地のものはとびきりの値段(*☉д☉)🙌

>もな様
ホント!、今年は少し買いやすいとのことですが・・・それでもネ~
「決心」と言うくらい気分を盛り上げないと国産鰻には手が出ません(๑˃̵ᴗ˂)👍ヨシ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スッタモンダの五輪 | トップページ | ネット不通に »