« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

野菜を食す日

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

8月31日は、8・3・1(やさい)、“野菜の日”ですね

夏は実物野菜🍅🍆🎃の季節、そしてこれから秋本番に向けては根菜の時季

そんな、端境期に、夏野菜の名残いっぱいの「ラタトゥイユ」

Photo_20210817095901

.

野菜はトマト・茄子・ズッキーニ・玉葱・人参・ジャガイモ・ピーマン・セロリ・キノコなどなど・・・好みのものや野菜室にあるものを煮込むだけ~

この際、買って揃える野菜だけじゃなく冷蔵庫の残り野菜も使って整理しちゃいましょう🍲

大きな鍋で多めに作って冷やしてけば2~3日は料理しなくてOK・・・麺類や味変してカレーにも

.

ニンニクを効かせた野菜メインの料理『ラタトゥイユ』

家庭毎の味があると言われるくらいですから、材料などは間に合うもので自由でOKでしょう

私は野菜室に袋の半分残って居たシメジも仲間入りさせました

  • 玉葱(1個)の乱切り、トマト(4個)は皮と種を取り除いて角切り、人参(大1本)は半月切り、茄子(4個)とズッキーニ(2本)は輪切り、セロリ(大1本)は2cm程度に切る
  • 鍋に油を熱し、ニンニク微塵切り(1~2片分)を入れ、玉葱~トマト~人参~茄子~ズッキーニ~セロリの順に加えて炒め、ブーケガルニ(ロリエ&セロリ&パセリの茎の束ー市販されています)を入れ、塩・胡椒を少々で調味
  • 30分以上、弱火で煮込んで仕上げます

.

スッゴク簡単なので、たくさん煮込んでパスタやリゾットにも応用できる、夏の終わりの優しい一品

明日から9月、秋らしく、こざっぱりして旬の味を迎えましょうね~(๑´ლ`๑)フフ🍁

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

手製心太

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

戸棚を整理していたら、パウダー寒天が2箱出てきました💢(゚ロ゚屮)屮❗

かつては甘味が苦手な夫によくこれでトコロテンを作りました、その頃は我が家にも道具屋街で買ってきた“テン突き=突出し”があったんですが

ア、まさか、いくらなんでも夫が居た頃のパウダー寒天ではありませんよ

.

私もよく自分のおやつ用にコーヒーゼリーや蜜豆用寒天を作ってましたから🍸

それにしても、出てきたパウダー寒天は賞味期限が1年近く前に切れています

でも~~乾物だし、密封されて湿気ても無いし・・・舐めてみても無味無臭 (ღ˘へ˘)❔

捨てる前にと、試しに煮て見たら、ちゃんと綺麗に固まりました(^^ エヘッ💦

.

さぁ、ここからが閑人の閑人ならではの手仕事?(๑˃̵ᴗ˂)و ヨシ!!

サイコロに切って黄な粉や黒蜜をかけて食べると手っ取り早いのですが

残暑も厳しい中でもあり、心の中は「トコロテン」ですから、切りました

重ねて切ると滑ってずれるし折れるので、1本ずつ細く気長に…何本も何本も

.

おかげで今日は閑人では無かった(ღ˘⌣˘)☝

 閑人は  細く長くも  心太  (“駄句”ご容赦🙏    ば~ば)

Photo_20210524084001

閑を持て余すほど残り人生の時間はあるのかな?

細く長く、でも心だけは太くと思っても、心太は折れ易い…なーんて💦
.

いいのかな~?、こんなダラダラの日々を過ごしてて、ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

朝採りトウモロコシ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

信州・信濃高原で栽培されたトウモロコシ、6月初めに予約開始してその月のうちに完売

生で食べられ「桃より甘い」と言われる『恵味』、2ヶ月以上待ってやっと届きました📦

Img_0162-2

近隣のトウモロコシは時期が過ぎた感がありますが、高原トウモロコシは8月が旬真っ盛り

近郊地場モノの倍以上の値段で送料も掛かりますが、なんと言っても別格の甘さ(´艸`)アマイー🌽

.

麦の穂が綺麗に出揃っている風景・・・その麦の穂の数だけ実が付いているのです

トウモロコシのヒゲも麦の穂と同じ、つまり粒の数と同じ本数なのでヒゲで実入りが判ります

ヒゲは実粒状態を教えていますから、皮から出ているヒゲ部分は茶褐色でも隠れる部分は光沢がありしっかりとしたものがイイです(ღ˘⌣˘)👌

粒毎の命の綱なのですから当然ですが、改めてそう思って見直すと何だか感動 ((💗))

トウモロコシの一粒一粒にヒゲが繋がり、受粉してちゃんと“粒ぞろい”に育ったわけ🌽

.

南米アンデス山脈の麓あたりが原産と言われるトウモロコシは、15世紀にコロンブスがヨーロッパに持ち帰ってから各地に広まったそうです

トウモロコシは玉蜀黍で、唐黍(とうきび)と呼ぶ地域もありますが唐からの渡来じゃないです

日本には16世紀に、ポルトガル人が持ち込んだと言われています

広く栽培されるようになったのは、明治時代に北海道で本格的に取り組んでからです

.

トウモロコシは、粒の性質によって硬粒種(デントコーン)・爆粒種(ポップコーン)・甘粒種(スイートコーン)などに分けられます

数千種もの品種で食用になるのは上記の種類などわずかで加工用などにも使う硬粒種が主流

しかし、夏に丸齧りするのは、何と言っても甘味が多いスイートコーンですね(*´ڡ`* )オイシー♪

.

ただ、スイートコーンの糖分はごく短時間で澱粉化し甘味は一気に減り硬さが増して味が落ちます

収穫したら、出来るだけ早く茹でる👉!!、これしか無い👍!!

.

糖質・蛋白質・食物繊維のほか、リン・カリウム・ビタミン(B1・B2・E)など、バランス良く含まれる栄養価の高い野菜

冷凍、レトルト、缶詰など、年中食べられる・・・とは言え旬の時に食べるのが一番

丸ごと、塩茹で、醤油を塗って焼く、そんなシンプルな食べ方が美味しいようです

.

3~4日分くらいの保存ならヒゲの先端の茶色部だけ切り落とし、皮ごとキッチンペーパーか新聞紙に包み立てた状態でラップに包み野菜室でOKなんだけど

長い保存ならヒゲの先端を切り落とし外皮だけ剥いて皮つきのまま耐熱皿にのせてラップ

電子レンジ(600W)で1本あたり4~5分加熱、ラップをしたままで粗熱をとります👌

粗熱が取れたら皮についた水分を拭き取り、1本ずつラップで包み直し冷凍用保存袋に

冷凍庫で1ヵ月程度は保存出来ます

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

五輪・オリからパラへ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Photo_20210803140801 J子さんのお庭の桔梗

紫が早々に咲いて、その後に白が咲き出したそうです

「よく見たら、ピンクとブルーでした」って

メールで届きましたが・・・確かに👀

淡いピンクの桔梗カワイイ💗

.

今年のお盆も“緊急事態宣言”発令中

お墓参りにも行かず、娘や息子の家族とも逢わず刻だけが過ぎていきます

こんな事態が何時まで続くのでしょう

.

******************

.

国民には「外出するな!」でも五輪は開催

運営上ではいろいろスッタモンダが続いたオリンピックも、8/8日に終了

でも、コロナ感染者の増加は上昇一途

.

2019年暮れ、“コロナウィルス”の存在が報道され、それが世界中に蔓延する予兆の報せでした

身の回りにも感染者が出るようになって目に見えない恐怖が国民の中にも広がっていき༼༼@_@;༽༽

2020年の春に初めての『緊急事態宣言』が発令された時には、たぶん多くの国民が自粛したかと

その『緊急事態宣言』も政策上の経済優先で発出したり引っ込めたり・・・o( ≖ˇ﹏ˇ≖)o

シッカリ舵取りする船頭の居ない船のように到着点も方向も示されずあっちこっちユラユラ

何度も出しては解除、また出すを繰り返しているうちに国民の多くには「どっちなの?」「もう飽きた」

「自粛しても感染拡大するなら自粛しなくても同じ」など、décadenceに近い心理が生じ👇💜

.

大騒ぎの“Go-toトラベル”も結果は感染者を増やす“Go-toトラブル”になったり

「ワクチンで国民に免疫をー」と強引な号令を出したけれど、結果は早々に腰砕け状態

そこに1年延期した五輪開催の無理押しで、運営上の無謀で稚拙な行動が続々と露呈

.

ただ、世論を無視して強引に開催された五輪でも、いざ競技が始まり『金メダル』が続々・・・

となると人々は開催への反対も不安も忘れ“三密”も“大声”も“乾杯”もオールOKのカオス(Chaos)

もはや、いくら「緊急事態中です」と言っても国民の多くが聞く耳を持たなくなってきました

現場のK医師は「医療現場で働く身からすると、五輪の熱狂が異次元の世界に見える

五輪に関する世論の手のひら返しが、戦時下と重なり恐怖さえ感じる」と、ンー(゚Д゚💦

.

8/24日からはパラリンピックが開催されます、感染拡大はまだ続くのでしょうネー😢

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

あの日の花火

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

夫が逝ったあと、一人取り残された家に居るのが寂しくて辛くて堪りませんでした

年が明けてからは箍が外れたように各地の観桜バスツアーに嵌り、心を喪失した状態でした

毎週のように企画の愉しげなバスツアーに参加して気を紛らわしていたのです

そんな日々の活力を見失っていた夏・・・8/7~8日もそんなツアーに行ってきました

そして、この日の「長岡花火」のツアーが“精神崩壊状態”に決着を付けることになりました

.

帰ってきた日の夕刻、キッチンの天井灯がチカチカ、換えなくっちゃぁと脚立に上がり

手を伸ばした途端にクラ~~💫༼༼@_@;༽༽🌀

気付けば血の海の中・・・右足のGパンの裾からドクドクと流れ出る赤黒い液体

そして、救急車をお願いして日医大で手術・・・骨が見える程の傷、完治に4ヶ月余かかりました

当日の救急担当は外科のH医師(ハーバード卒・Gothandと評判)と外科看護師長のGさん

「亡くなったばかりの旦那さんに心配掛けちゃイケないね~・・・肉がミンチ状態だから、血管も神経もボロボロ、傷はいずれ治るけれど神経麻痺などは残ると思うよ」

(ゴワゴワのGパンを穿いていたせいか骨折は無かったけど・・・骨折が無いとどんなに酷い傷でも“創傷”扱いで医療保険は出ないと知りました

1泊入院どころか日帰り入院でも医療保険は対応しているのにね~)

.

私の体のアチコチには大小様々な術痕があり、その幾つかはケロイド化してますが💦

他科の看護師さん達が術痕を見て「さすがH先生の手術、よく見なきゃ傷が判らない、キレイ

滅多に宿直のないH先生の夜に怪我・・・奇跡的なことよ、旦那様の加護なのかもー🙏」と

.

でも、H医師に言われた通り傷の完全修復にも半年近く掛かりましたが、神経麻痺が少々😢

その日以来、バスツアー他、寂しいからと出歩くのはピッタリ止めて今に通じるお籠り生活

.

そんなこんなを思い出して、長岡で撮ってきた花火に3D加工してみました

一瞬の華やかさ、瞬き禁止でご覧頂けたら幸甚 🌟ƪ(ˆ◡ˆ)ʃ💗ƪ(ˆ◡ˆ)ʃ*🎆✨🎇

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

同居仲間できた

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

かなり昔、飼っていたインコを札幌赴任に連れて行き寒さで死なせてしまったことが有りました🐦

その後悔と反省と哀しみで、以後ずっと命あるモノは飼わずに来ました・・・💧

.

夫亡き後「動く命を見て暮らしたい」と思う日もありましたが、命を守れなかったらと思うと😧

それが、先の救急車搬送からの諸検査での結果が「直近の心配なし、未だまだ生きられますよ」

思い切って1ヶ月ほど前に同居仲間を迎えました・・・ベタ〈闘魚〉です🐟

Img_0128-2

Img_0093-2 室内灯を落としてアクアリウムの青いライトを点けると体色も染まった感じに

.

ベタは、スズキ目 キノボリウオ亜目オスフロネムス科ゴクラクギョ亜科ベタ属の淡水魚

タイ・メコン川流域原産の熱帯魚で、大きな川から水田や水溜りなどにも生息するとも

「ベタ」とはタイの方言に由来するんだそうです

.

Img_0160-3

ベタはオスが縄張りを持ち、他のオスが縄張り内に入ると威嚇、攻撃する性質があるとか👊

その習性から、1つの水槽では1匹しか飼えません

ヒレやエラを目一杯に広げて相手を威嚇する「フレアリング」、その華やかに美しい姿には魅了されます

このような習性から遊戯的な“闘魚”が始まったと言われています

“闘魚”としての品種改良で、背ビレや尾ビレやエラを大きく広げて体を震えさせ威嚇し合う性質も強調されて、鮮やかで目の覚めるような青や赤の体色でヒレの長いベタが誕生

.

私の同居仲間の体色はトラディッシュナルテールの『パステルレッド』

青い尾ヒレの先端が赤く水中でヒラヒラすると水中の💎

闘魚と言うだけに気が荒いように思われますが、人に馴れることも有るようです

指を近づけると「食事か??」と寄ってきて、水面で口をパクパク。◔👄◔。

未だ1ヶ月足らずの同居ですが注意深く飼っていきまーす(^_-)-🌟

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »