« 同居仲間できた | トップページ | 五輪・オリからパラへ »

あの日の花火

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

夫が逝ったあと、一人取り残された家に居るのが寂しくて辛くて堪りませんでした

年が明けてからは箍が外れたように各地の観桜バスツアーに嵌り、心を喪失した状態でした

毎週のように企画の愉しげなバスツアーに参加して気を紛らわしていたのです

そんな日々の活力を見失っていた夏・・・8/7~8日もそんなツアーに行ってきました

そして、この日の「長岡花火」のツアーが“精神崩壊状態”に決着を付けることになりました

.

帰ってきた日の夕刻、キッチンの天井灯がチカチカ、換えなくっちゃぁと脚立に上がり

手を伸ばした途端にクラ~~💫༼༼@_@;༽༽🌀

気付けば血の海の中・・・右足のGパンの裾からドクドクと流れ出る赤黒い液体

そして、救急車をお願いして日医大で手術・・・骨が見える程の傷、完治に4ヶ月余かかりました

当日の救急担当は外科のH医師(ハーバード卒・Gothandと評判)と外科看護師長のGさん

「亡くなったばかりの旦那さんに心配掛けちゃイケないね~・・・肉がミンチ状態だから、血管も神経もボロボロ、傷はいずれ治るけれど神経麻痺などは残ると思うよ」

(ゴワゴワのGパンを穿いていたせいか骨折は無かったけど・・・骨折が無いとどんなに酷い傷でも“創傷”扱いで医療保険は出ないと知りました

1泊入院どころか日帰り入院でも医療保険は対応しているのにね~)

.

私の体のアチコチには大小様々な術痕があり、その幾つかはケロイド化してますが💦

他科の看護師さん達が術痕を見て「さすがH先生の手術、よく見なきゃ傷が判らない、キレイ

滅多に宿直のないH先生の夜に怪我・・・奇跡的なことよ、旦那様の加護なのかもー🙏」と

.

でも、H医師に言われた通り傷の完全修復にも半年近く掛かりましたが、神経麻痺が少々😢

その日以来、バスツアー他、寂しいからと出歩くのはピッタリ止めて今に通じるお籠り生活

.

そんなこんなを思い出して、長岡で撮ってきた花火に3D加工してみました

一瞬の華やかさ、瞬き禁止でご覧頂けたら幸甚 🌟ƪ(ˆ◡ˆ)ʃ💗ƪ(ˆ◡ˆ)ʃ*🎆✨🎇

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

« 同居仲間できた | トップページ | 五輪・オリからパラへ »

コメント

夏の宵に咲く大輪の花、素晴らしいですね!
今年は開催されるのでしょうか?
様々な苦しかった事を乗り越えられ今があるのですね。
生きて行く限りは、しっかり前を向いていなければ‥

大輪の花火、素晴らしい!
明日への希望が溢れますね

あの頃のば〜ばさんの気持ちと状況を思うと今でも胸が苦しくなります
今はコロナで不安と心配の生活…
私達は一日一日がとっても大切
穏やかにゆったりとして安心出来る時間が流れると良いね

>もな様
独りの生活に馴れたせいで自粛生活はいつも通りのことなので苦も無く出来ているかも
素足で過ごす夏は特に神経が断絶している右足が痙攣しやすくて(>_<)💧

>チーちゃん様
今は独りの生活に慣れたので、その延長で外出自粛も会食禁止も苦にせずに居られるのかも
10年の時を経て・・・いまは穏やかに過ごせています(ღˇ◡ˇ*)♡

10年前になるのですね。
大怪我をなさったことは存じておりましたが、このようないきさつがおありだったとは・・・
旅のお疲れと精神的なお疲れでしょうか。
先日のK先生だったかしら、今回のH先生、ラッキーですね。
ご主人がちゃんと見守ってくださっているのですね。

長岡の花火、素晴らしい!
大きな花火大会は一度だけ。
伊東の花火大会を保養所の屋上から観たことがあります。
海に映ってきれいでした。

>hikobae様
医師に恵まれたこと、自分では処置できない症状でも結果が無事に済んでいることなど加護ですね(ღ˘⌣˘)
夫とも幾つかの有名花火を観に行きましたから、長岡花火で心のケリがつけられたことも・・・かな🎆

長岡の花火は日本三大花火大会の一つですね。
私は行ったことはありませんが、毎年テレビのライブ中継を楽しみに観ております。
あまりにもスケールが大きく、素敵な花火大会にいつも感応しております。

折角のお楽しみ、帰宅後の大変な出来事にビックリしました。4カ月もの入院治療大変でしたね。傷跡も綺麗な手術のお陰で綺麗に治ったようで安心しました。

術後の処置は医師の腕次第で差が付きますね。確かに・・同感します。
3Dの動画で花火、臨場感をあじわう事が出来ました。ありがとうございます‼

>yasu様
壮大な花火大会で観に行った甲斐はありました・・・ただ、その後に悲惨な事態が起きましたが
実は骨折が無かったので包帯グルグルで4ヶ月通院です(縫い合わせた瘢痕内部の血膿をドレーンで外に出していたので肉芽のあがりが悪かったようです)(((^_^;)

ば~ばさん こんばんは~

去年は花火が見られませんでしたが、今年も多分見られないでしょうね。
久しぶりの花火、楽しく拝見しました。

老後はゆったりとのんびりと暮らしたいと思っていたのに、なんでこんな事になってしまったのでしょう。
もうすぐパラリンピックが始まります。
言いたいことはたくさんありますが、上手に文章にできません。

>MOM様
あの花火以後はTVでの花火中継で観ることに・・・大怪我は「しっかり生きよ」との戒めと(ღ˘⌣˘)👆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同居仲間できた | トップページ | 五輪・オリからパラへ »