« お・も・て・無し | トップページ | 彼岸へ逝くまで »

15日は十五夜じゃない?

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

今年の十五夜は9/21日、十五夜と言っても9/15日ではないんですね~

十五夜は“仲秋(中秋)の名月”と言われます・・・「中秋」は秋の中日を意味し旧暦8月15日のみですが、いまの暦では年によって日が異なります

.

Photo_20210907073701

十五夜のお月様に供えるのは地域によって若干の違いはありますが、定番は「月見団子とススキ」

十五夜は「芋名月」とも呼ばれ、里芋や薩摩芋などの芋類を供える地域があります🎑

これは稲作以前に里芋などの芋類を主食としていた頃、収穫物である里芋を供えていた名残と言われます

いまでも十五夜に小さく丸めた団子を供える理由は、里芋に形を似せているためでしょう

.

その後、稲作が始まりましたが、十五夜の頃の稲穂はまだ実る前なので穂の出たススキを稲穂に見立てて飾ったと言われています

また、ススキの茎は中空なので神様の拠所になると信じられ、茎の鋭い切り口は魔除けになるとも

地域によってはお月見に飾ったススキは悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味で捨てず、庭や水田に立てたり、軒先に吊ったりする風習が残っているそうです

.

お供えは他にもその土地で収穫される作物や果物など・・・そして、供えた物は後で皆で食します

お供え物を体に摂り入れることにより、健康や幸せを頂くことができると考えられています(/-o-)/

.

来週はお月見団子🍡の代わりに、お彼岸の“おはぎ”を供えてもイイのかしら🎑

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

« お・も・て・無し | トップページ | 彼岸へ逝くまで »

コメント

そうなのですね。
今年は21日。十三夜は10月18日とか。
お月さまを眺めても、お供えは何もせず・・・
子供頃は縁側に、お供え物をしてましたよ。
ススキとさつま芋だったかな?

お彼岸のおはぎも作らなくなりました。
母の作ったおはぎを持って、お寺さんに届けに行ったものです。

>hikobae様
こうした歳時記や祀り事は次第に忘れられ受け継がれなくなるのでしょうねo( ≖ˇ_ˇ≖)o サビシイカモー😔
道端のススキを見ながら昔ながらの催事が日常から離れていくのがチョット寂しい(ღ˘◠˘)~ノスタルジー

昔のゆったりとした時の流れは無くなってしまいました。現金さえ消えていく時代です。
同じ時代に生きていても、年齢によって分断され理解出来なくなりそうな‥
そんな時代だからこそ、積極的に伝えて行こうとする姿勢が必要かも。

>もな様
コロナの蔓延で人間同士の連帯や協力、思い遣りが失われていきそうな状況が垣間見えます
理解し合う気持ちを忘れ、敵対していく先には何も生み出されないのじゃないかと(-_-)💦

中秋の名月は今年は21日ですか、晴れるといいですね。
月見団子とススキは子供が小さいときは供えておりましたが、今はご無礼をしております。
こうした行事は大切にしなくては。
月見動画を見ながら風情を楽しむ事ができました。

老人の日、朝刊読んでいたら100歳以上の男性が初めて1万人を超えたとか。
長寿社会になりましたね。小生も気づいたらどっぷりお年寄りの仲間入りしておりました。
元気で長生きはいいですが・・頑張らなくては。お互いに頑張りましょう。

>yasu様
お彼岸の中日がお月見(十五夜)、高齢になって“お彼岸”は意識しても「お月見」しなくなりました
月見団子よりオハギ寄り・・・どっちにしても食欲があって元気ならイイでしょうか(๑´ლ`๑)フフ♡

ば~ばさん おはようございます(こんにちは?)

昨日は8年ぶりの満月と朝刊で見たのにすっかり忘れていて、気がついて慌ててみたのですが曇っていて月は見えませんでした。
お団子もススキも無しの、寂しい夜でした。
おかげさまでお月見ができました。

なんだかうっかりが増えてきたようで、かなり不安です。
体だけ元気でもそれはどうだろうと。(というほど元気ではありませんが)

>MOM様
お返事が遅くなりゴメンナサイ、ちょっと体調を崩しておりました🙏

グズグズしていたお天気も21日には良くなり、ほぼ全国的にお月様が見られたようですね🎑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お・も・て・無し | トップページ | 彼岸へ逝くまで »