« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

新島のクサヤ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

1/20日の【鮒寿司】の記事に頂いたhikobae様のコメントに

>「独特な匂いも想像できませんが「クサヤ」よりも酷いのかしら?」と

.

製法がまるで違うので、どう比較したらイイのかと迷いましたが、私的感覚の比較でなら・・・と

まだ“鮒寿司”の食味や食感が思い出せるうちにと、新島のお店に注文してみました

Img_0812-2

私の個人的感想では、塩っぱさは“鮒寿司”、ニオイは“クサヤ”・・・どっちも個性強すぎ

.

クサヤは、魚類の干物の一つで、伊豆諸島の特産品として知られていますね

新鮮な魚を「クサヤ液」と呼ばれる魚醤に似た独特の匂いや風味をもつ発酵液に浸潤させた後これを天日干しにした食品です

新島における方言で魚全般を指して「ヨ」と言われ、「臭い」+「魚」=「クサヨ」が転じて「クサヤ」になったのだそうです

.

クサヤは新鮮なムロアジ類、トビウオ類、シイラなどの魚を使用した干物で主に伊豆諸島で生産

主として加工されるのはムロアジ(鰘、鰘鰺、牟婁鰺)でしょうか

.

味は塩辛いながらもまろやかさがあって・・・味わいから感じるほど塩分は高くはないようです

独特の匂いによって好き嫌いが分かれますが、発酵した魚の香りや旨味で、ご飯のおかず以外に焼酎や日本酒によく合うそうです(ビールかワインの私にも旨味は分りました)

.

魚の干物を浸す塩水は繰り返し使用、その発酵液はクサヤ液 or ショッチル(塩汁)とも

クサヤ液は古いものほど旨味が出るとされて200年も300年も伝え継がれるものもあると

製造業者はクサヤ液を家宝として製法は各店の秘伝で代々受け継がれているそうです

クサヤの匂いや味は島ごとはもちろんだが店ごとにも差があり、一般的にはクサヤ発祥とされる新島産の物がもっとも匂いが強いとか

.

クサヤ液には、ビタミン、アミノ酸などが豊富に含まれていて、抗菌作用もあるそうです

そのため、体に良いだけじゃなく医療体制の整備が遅れていた伊豆諸島では、ケガをしたり体調を崩すと薬代わりとしてクサヤ液を患部に塗布したり、飲ませたりしていたとも言われています

なお、クサヤ液はヒスタミン生成菌が少なくてヒスタミン分解菌が含まれるので食中毒の原因となるヒスタミンが蓄積しにくいのですって

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

ラムレーズン入りチーズ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

「貰えるか?」「何個か?」「本命は有るか?」・・・2/14日の男性達は落ち着かなかったはず

結果はどうだったのでしょう??🍫💝

【バレンタインデー】にドキドキ・ソワソワする男性は年齢を問わずでしょうかね

.

在職中の夫も沢山の“義理チョコ”を抱えて滅多に無いニヤニヤ顔で帰宅してきました

基本・甘い物は口にしないので、チョコは私が頂きました・・・ホワイトデーにお返しを用意するのも私なのですもの(=_=)

そんな夫が「一欠けだけ」と手を出すのが“ラムレーズンチョコ”、ラム酒の香りがイイから

.

ラムレーズンはラム酒に漬けたレーズン・・・ラム酒は芳醇な甘みと豊かな風味が特徴

そしてラム酒は、ほんのり酸味のあるレーズンとスッゴク相性がいいんです🍇

ラム酒に漬けたレーズンは、パンや料理、お菓子を上品で味わい深くしてくれます

.

レーズンには効能がいっぱいで、エネルギー源のブドウ糖や、骨や歯の形成を助けるカルシウムやマグネシウム、貧血を予防するための鉄分、さらにアンチエイジング効果のあるポリフェノールなど、美容と健康を助ける栄養素が含まれています

それにラム酒の香りと旨味が浸みたラムレーズンは“大人の味”

ラムレーズン=大人の嗜好品、これは断言できると思うの・・・間違いなく👍

.

2/14日、久しぶりに自分で自分へのご褒美に「ラムレーズンチョコでも買おうかな?」と

ずっとネットスーパー&通販の生活なので、歩いて数分のコンビニに行くのも久しぶり

売り場を廻ってるうちに「ラムレーズンアイスクリームもいいかなぁ~」と気分変化

結果的に、何故か買ってきたのは『ラムレーズン入りチーズ』(๑´ლ`๑)フフ♡

Img_0785-2

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

🐟ベタ、もう中年なん?

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

餌の袋を持って水槽の前に行くと、全身で「嬉しい!、早く頂戴よー!」

飛びつくように食べて(焦るからしょっちゅう噎せるし~💦、落ち着けってばぁ✋)

袋を締める時にはヒラヒラと尾鰭を揺すって「もっと!」と催促

.

ベタの寿命は2年余、ショップでどの位過ごしたかによりますがそんなに長命ではないようです

我が家に来たのが生後どれくらいか良く分からないけれど・・・我が家に来てから8ヶ月余

と言うことは30歳程度、もしやもう“オッちゃん?”、そろそろ中年太りもアリかもー(*^o^*)

なんだかお腹の膨らみが目立ってきたような

Img_0603

.

もう30歳頃なのか?となれば「パートナーが欲しい💗」となっても無理ないかもねー

このところ、よく水槽のガラスに映る自分の姿に寄っていきますが・・・

それとも【闘魚】の“血”が騒いで、まだ血気盛んにも喧嘩相手に見えてるのかな?

Img_0772-2

Img_0774-2

Img_0773-2

こんな状態だと本物はどっち?・・・自分でも迷ってるかもねー

Img_0754-2

.

🐟婆さん、あまりパシャパシャ写すなよ~、プライバシーも何もあったもんじゃ無い😠

「オヤ、また水草に突っ込むの?、頭隠して尻隠さずになるよー」フフッ ʅ(‾◡◝)ʃ

Img_0776-3

🐟水槽って何処からでも丸見えで、逃げ場が無いんだなぁープライバシー侵害だぜ!

Img_0609-2

つい、いつもの隅っこに隠れようとするけど・・・こっち側は私がカメラを構えやすいのだよン📷👌

Img_0657-2

気の毒ながら、四角い水槽の中だものー結局は壁にぶち当たってガラスと水草にサンド🙌

🐟動けなーい・・・「オーイ!、尻尾(尾鰭)折れるぞー‼」(´艸`)

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

節分

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

今日2/3日は【節分】ですね~・・・今年は「福は内、鬼は外」の声が聞かれるでしょうか

私の個人的な思いは「コロナ消えろー!!」かな?、いま一番の👹ですものね~・・・

.

実は、この豆撒きの掛声にもいろいろあるようです

津軽のある地域では、昔、鬼に村を救って貰ったという伝説があり、以来「福は内、鬼も内」と

成田山・新勝寺では「福は内、福は内」で、鬼は登場しないようです

九鬼氏に因んだ神社は、鬼を追い出すなんてとんでもないと「鬼は内、鬼は内」と呼び込みます

京都の商家は「大荷(おおに)は内」で豆撒き・・・商売繁盛(*⌒▽⌒*)

私の場合は「福はうち、豆もうち」で、撒くより食べる方かもね

.

除災招福を願う追儺(ついな)鬼追いの儀式と散米(さんまい)の神事とがミックスした“節分祭”

豆撒きのあと年齢分+1個の豆を食べると「無病息災=まめ」に長生き・・・と言われますが

さて、この年齢になると、硬い大豆をそんなに食べたら、かえって胃痛になりそうなんですがー

.

と言うことで、豆撒き用の“打ち豆”は、撒かずに炊き込みご飯にしましょう

Photo_20211201084301

大豆ご飯(3~4人分)

  1. 米(3カップ)は洗って、分量の水加減にしておく
  2. 打ち豆(1/3カップ)は、出来ればもう一度香ばしく煎ったほうが香りがいい
  3. 1に、昆布(5cmくらい)、酒と醤油(各大1)を加え、2を乗せて普通に炊き上げる
  4. 上下を返すように全体をサックリ混ぜる

※打ち豆は硬くて消化に悪いですが、こうして炊くと柔らかくなって美味しく食べられますね

明日は是非『大豆ご飯』に(写真は夫が元気だった頃に炊いたものです)

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

応援してね!

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブックマーク