« ドアに大きな“文旦”が | トップページ | 青森の板カリントウ »

天皇誕生日に不敬?

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

2/23日は“現天皇のお誕生日”です🎌

私の時間的には、前日の2/22日は公立高校の受験日でした(年齢がバレましたネ)

.

受験を終えた翌日の私は、駅前の“紳士服ティラー”で受験後の高校の制服の採寸中~

当然ながら“合否発表”は未だ未だ先・・・でも、合格すると周りの皆が信じていて

公立中学でしたが常にトップだった3人は同じ高校を目指すライバルと言うより親友で

3人ともA幼稚園から一緒、小学校は別々でしたが、たまたま中学校は一緒になり

中でも幼稚園から親友だった老舗醸造会社の長女・Wさんは美智子様に憧れ同門に進学

その後は某社社長夫人に・・・「逢いましょうね」と言っている間に急逝??☄🙏

.

その中の一人Sさんも受験数日後に「発表後だと混むからねー」と制服を注文したとか

各界の名士を排出した公立高校、父も太宰治たちと政権批判したりの過激な学生生活?

その後は進学したものの、結局は【赤狩り?】を逃れ太宰は東京に、父は満州に逃避

たぶん、父には苦くも懐かしい母校での思い出・・・当時の仲間繋がりはスゴイです

.

敗戦で満州から引き揚げる際に命を賭し連れ帰った娘の受験・・・合格を信じ切って

と言うか、父にとっては背に負い避難してきた児が母校に進む==生き抜いた証??

受験翌日には父が馴染みの老舗ティラーに連れて行かれ僅か3年しか着ない制服の注文と採寸

.

合格発表後なら百貨店やアチコチの店で受注会が~~なのに、メチャ高いティラーで仕立て

あまりにも良質の生地や仕立てで、入学後に「私は皆から「浮いてる~」と」の思いでしたが

.

438_20230223114301

ただ、制服の採寸中に【お世継ぎご誕生!!✨】のラジオニュース!!

採寸後に街に出たら、ドコモカシコもお目出度ニュースで、夜には提灯🏮行列

.

後日、新聞に発表された合格者発表

私は特待生になり~でも~~

何事にも父母は喜ぶでもなく

何もかも平然の(-.-)で・・・

私としては両親が喜ぶ顔を見たかった!

.

そのティラーから“祝・お世継ぎ誕生”と制服準指定の雨コートをプレゼントして頂きました

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます










« ドアに大きな“文旦”が | トップページ | 青森の板カリントウ »

コメント

>もな様
ありがとう~、いつも、気になっています・・・イヤじゃ無ければTELでもメールでも
「私はまだ日々を生きるだけで忙しく、ゆっくり考える時間がありません」それは違いますョ!!
あなたの人生は夫のためだけじゃ無く、活き活きといかさないと旦那様も貴方の才能を惜しみます
私的には、夫を見守る日々の気持ちはツラかったけれど応援してくださる方(アナタもネ)が沢山
いつも、イマでも皆が側に居ると思って・・・深呼吸でガンバ!!ね、ネ!✊

大切な想い出ですね。
毎年、天皇誕生日と共に活き活きと蘇るなんて、素晴らしい贈り物です。
私はまだ日々を生きるだけで忙しく、ゆっくり考える時間がありません。
いつまで出来るだろうと思いながら、ため息をです。
夫、置いて逝くわけにもいかないしね!
ヘト〜(・・;)

>hikobae様
男親の愛情表現は無骨に見えても奥が深い??のでしょうかね、後になって感じることも
あまりお丈夫では無かったとのこと、それはお父様には一番の気がかりだったのでしょう😟

お父様の溢れるほどの愛情をたっぷり、 大事に可愛がられてお育ちでしたね。
受験の翌日に現天皇誕生とは忘れられない思い出ですね。

私は小さい頃から体が弱かったので、希望する高校も受験させてもらえませんでした。
通学が大変なので、近くの高校に。鶏口牛後と言われ、この時にこの言葉を知りました。
これも父の愛情だったと思います。

>チーちゃん様
⇧の方のコメント=チーちゃんとしてお返事しますね

引き揚げ者の辛酸労苦、生半可な言葉では語れないです・・・忘れちゃいけない
映画で改めて知り、ウクライナ問題が身近に思える→日本人としても忘れられない事

↑ごめんなさい
名前入れるのうっかりしましたm(__;)m

素晴らしいですね
昔の人は感情を表には出さず寡黙だったもの
制服をティラーで作った事
どれほど嬉しかったかが伝わってきます
親御さんの気持ちに感動しました

そんなば〜ばさんとお逢いできて、こうして今もお付き合いいただいている事を
心から光栄に思っています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドアに大きな“文旦”が | トップページ | 青森の板カリントウ »