« 思いがけない日々 | トップページ | “エビカマ”はカニカマを追い越せるか? »

2023年8月 4日 (金)

青森・ネブタ漬け

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

私が幼少から育った青森では、世界的にも有名になった【ネブタ祭り】が始まりました

コロナが蔓延してからのガマン・我慢の日々いや数年・・・4年ぶりかな?

【ネブタ祭り】で跳ね回らなきゃ「足腰ばかりか脳みそも死んじゃうべ」の郷土人ばかり

どんなにか盛り上がるかと、胸が焦げる思いでTVニュースを観てます

.

私の記憶が鮮明になった頃には食卓にあった『ねぶた漬』、青森の味と言って過言じゃ無いかと

Img_1103-2

松前漬けと同じような味付けで数の子を増量した漬物ですが、津軽独特の材料も・・・

海の幸(数の子・スルメ・昆布)に山の幸(大根・キュウリ)も加えて独特の醤油味に漬け込み

.

青森県の竜飛岬からは晴れていれば函館は目の前、松前なんて泳いで行けそうな錯覚が~🏊

そんな地域の漁師たちは海難の際は「どっちの船」なんて言っていられませんョー!!⛵🎣🌊

だから暴れる海峡の機嫌次第・・・どちらの港に帰るのも海峡のご機嫌次第なんですもの~

.

風土的に共通点が多く、だからかな?、調べてみると郷土料理もよく似ています・・・

『飯寿司』『魚の保存食』などなど故郷を離れた人が想う懐かしい味は同じ

.

Img_1104-2

故郷を離れて懐かしむ人たちに送られる“故郷の味”、永年のベストセラーです

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

« 思いがけない日々 | トップページ | “エビカマ”はカニカマを追い越せるか? »

コメント

ずっと前に行ったねぶた祭りを想い出しました。
ど迫力‼️ 熱い‼️
魂を揺さぶる祭りの原点ですね。
その地に行かないと分からない独特の風土感。
ねぶた漬けはまだ食べた事ありませんが、想像できそうです。

>もな様
ニュースなどで跳人(はねと)の画像が頻繁に流れますが、あの跳ね方に皆さん驚かれるようです
私も何度か出ましたが、翌日は足腰がひどいことに(夫は2日ほど真っ直ぐ歩けませんでした)(>_<)

ねぶた漬け、数の子たっぷりですね。
私にも頂けそうです。

ねぶた祭りとねぷた祭りは違うのですね。
以前、弘前の桜を見に行った時に知りました。
「ねぷた村」で大きなねぷたと津軽三味線の演奏を鑑賞しました。
青森のねぶた祭りの方がより知られているように思います。

>hikobae様
弘前は出陣、青森は凱旋のネブタなので勝利の喜びや興奮で何もかもが華やか&賑やかです
TVなどで採り上げられるのも青森ネブタが多いですね🎇

仙台七夕も4年ぶりに通常開催となりました
ねぶたの壮大さと美しさと迫力を菜まで見てみたいです

ねぶた漬け、数の子たっぷりで美味しそう〜
酒の肴にもご飯のお供にも合いますね

>チーちゃん様
私は幸いにも仙台の七夕も見られました・・・でも~迫力&壮大さではネブタ祭りが圧倒的
他に、似たような祭りが無いことや、リオなど他国にも招かれていることなども!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いがけない日々 | トップページ | “エビカマ”はカニカマを追い越せるか? »