« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月29日 (日)

夫の13忌

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Dsc_0004

10/30日は夫の13忌です・・・12年が過ぎた訳ですが、思い出す何もかもが鮮明で

.

その13忌の法事は、皆が集まりやすい28日(土)にしようと息子夫婦が全て取り仕切ってくれました

私は感謝して(甘えて)お願い&お任せ<(_ _)>

送迎から墓参、その後の会食と、私は何もせず考えず“お客さん状態”で過ごさせて貰いました

.

墓地の紅葉も進んでいます・・・数日後からは11月に、私の中では「寒くなる頃=寂しくなった頃」?

.

夫が“末期癌”の告知を受けた時は、担当医が「厳しい状況、あと3ヶ月ほどと覚悟しておいてね」.

でも現実には夫の意地と頑張りで、厳しい苦しい病状でしたが弱音を吐くこと無く「大丈夫だ!」と

そして何度もの手術に耐え、体重も半分近く減り、血を吐きながらも1年5ヶ月ほど頑張り

モルヒネ投与が始まり「あなたは笑ってる時が一番いい顔なんだからネ」・・・と、私に言い聞かせ

それから2日目の午後から深い眠りに入り、夜が更ける頃、スッと酸素吸入器の泡が消えました

.

ーーーその夜から、私はずっと独り

入院していても「彼は病院のあの部屋に居る、明日も逢える」と思って過ごしていたのですが~

起きても、寝ても、食事も、何をするのも四六時中独り・・・12年経って馴れては来ましたが

先日のように急に身体が痛みと共に動かなくなると無性に寂しい&切ない、そして哀しい

.

遠方の娘家族とは4年近く逢えずに居ましたが、ほぼ4年ぶりに会えました

息子家族も揃って・・・社会人の仲間入りをした孫達も皆が集まるのは本当に久々 !(^^)!

.

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

 

2023年10月20日 (金)

今週はお休みします🙏

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

身体の節々にまだ少々の痛みは残っていますが、特に右肘の痛みは結構厳しくて

私は右が利き手なので些細な家事にも若干の支障が・・・PCを使うのも~~で今週は休みます

.

1256

.

右肘損傷ーー!!、ワオッ!(^^)!、大谷翔平さんと同じだー(どこが~??)

個人的気分は「右肘が痛い=靱帯損傷=トミージョン手術~」で痛みも和らぐのですが(?_?)

.

季節の変わり目、皆様のご無事とご体調よろしきことを祈り上げます

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

 

2023年10月13日 (金)

低体温症、その後

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Photo_20231002163001 低体温症なる症状で“死の淵”を見て這いあがり、生きて過ごせる日々に戻り間もなく1ヶ月

体温は低めで35度台、36度を超えることは滅多に無いです・・・10/9日のように突然「もう冬??」なんて急な寒さ到来では即暖房でした

体が硬直して動けなかった後遺症なのか、たぶん辛うじて意志が効く右肘で這いずったせいだと思うのですが目下は【右肘関節痛】

などなどありますが、つい最近に登山中の低体温症で亡くなられた方々を思うと、生きて何とか動ける身に感謝です

.

.

考えすぎかな~ですが、10/30日は夫の命日(13忌)です

夫が迎えに来たのなら其れはそれで嬉しいですが~~「だったら苦しませずコロッと連れてってー!」

.

こんな状態なので、私はナニも出来ず(せず)息子がいろいろ考えてくれていますが~~

.

.

低体温症の顕著な例として、泥酔して路端にひっくり返り寝込んで明け方には亡くなる

冬山で寒気と眠気に襲われ倒れ込んで身体が冷え・・・痛いも苦しいも思う間もなく逝く

最近では、栃木県の朝日岳登山中の方が数名低体温症で亡くなられました🙏

他にも、死因は報道されて居ませんが積雪の始まった各地の山岳で亡くなられた方もモシヤ??

.

そんな話を聞くと、昔話「雪女」のことを思います・・・

あれも亡くなった猟師は低体温症での死だったと医師は解説していますが~?🌀

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

 

2023年10月 6日 (金)

7回目のコロナワクチン

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

2_20230928065401 コロナは未だ収束していませんでしたね

インフルエンザと共にまた流行気配、本当に安心できるのは何時になるのでしょう

.

6回目のワクチンでは副反応が出て、しばらく体調不良でした(尾てい骨骨折の直後でしたし~)

なので・・・7回目のワクチン接種案内には躊躇いもありましたが、結局は接種を選択しました

と言うのも、流行し始めているのは新型だそうでーー

主流は、オミクロンのXBB株から枝分かれした「EG.5」系統(通称エリス)

感染力が従来の1.2倍という研究結果があるそうです

その〔1価ワクチン:XBB.1,5 ファイザー)対応1価ワクチンだというのですから

.

重症化はもとより、発症予防効果への期待も・・・折角ここまで無事でこられたのですもの

基本を思い起こして、マスクや手洗い・消毒もシッカリ続けていきます

7回目のワクチンは今までの会場が使えなくて、ちょっと脚を伸ばして聖蹟桜ヶ丘駅前公会堂ビル

.

.

ところが・・・💉ワクチン接種を申し込み、接種日が近くなった猛暑つづきの18日未明

まさかの“低体温症”と思われる症状で左半身に激烈な痛みと筋肉麻痺・・・半身不随状態に

.

10日近く朝晩に湯船に浸い、歩行練習のように壁伝いに部屋中を歩き回りなど、など

どうにか接種予約を取り消さずに済む程度に歩けるようになって、さて、ワクチン接種当日

体温は35度台から戻らず、疲れやすいことハンパ無いのですが、歩けるだけマシでしょうか

近くのバス停から終着まで乗るだけなのですが、まだ歩行がヨタヨタなのが不安で~~

.

しかも降車する駅前からは歩道を渡った“道向こう”・・・数年前まではコンサートなど催される日にはスタスタ行っていたのに~

予約日を変更して貰おうかとズッと思案して、でも~週末にはゆっくり壁伝い歩きが出来て

「ヨシ!!、歩くのがつらくなったらタクシーに頼ろう・・・自費になったと思えばイイ・・・」

で、意を決して(大袈裟だなぁ)行ってきました、歩きがユックリSLOWLYなので時間は掛かりましたが無事に“任務達成”

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

 

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

ブログ村

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ