« 🐟ベタも寒さが苦手? | トップページ | 包子(小籠包) »

マコモタケ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

スーパーの店頭で見つけたのは、中華料理などで高級食材としてお馴染みの“マコモタケ”です

先週のTV【相葉マナブ】で紹介されていた料理素材ですねーー!、即買いしました

Photo_20231102080701

.

相葉雅紀らが、埼玉・川越市を訪れて、秋の短期間にしか食べることのできないレアな食材“マコモダケ”を使った絶品料理を堪能

“マコモダケの炭火焼き”や“マコモダケの天ぷら”、“マコモダケのしょう油煮込み”などを味わう他、“マコモダケのトマ玉スープ”や“マコモダケの豚肉巻き”なども登場していました

.

マコモタケは“真菰(まこも)”の肥大した根元部のこと

マコモ(ハナガツミ)は東アジア~東南アジアに分布するイネ科の多年生植物で、日本でも各地の水辺に見られます・・・最近では栽培もされているようですね

.

江戸後期に流行ったといわれる「潮来節」の一節にも、♪[潮来出島のマコモのなかで、アヤメ咲くとはしおらしや…]♪と唄われています

水郷地帯ではマコモが水辺に繁茂していたものと推察されます

また、昭和39年に石原裕次郎と浅岡ルリ子のデュエットでリリースされた『夕陽の丘』(映画主題歌)の第3番の歌詞に♪[真菰(まこも)の葦は風に揺れ、落ち葉くるくる水に舞う…]♪と

この真菰(まこも)の葦も、マコモタケのことでしょう

.

それだけ各地で繁茂していたマコモが、なぜ今までは一般的に食材として出回らなかったのでしょう

あまりに当たり前のように繁茂していて注目されなかったこともあるでしょうか

また、秋に新芽の根元がじゅうぶんに肥大したらすぐに収穫しないと組織内に真っ黒な胞子が混じるようになり、食感・食味も落ちて、商品価値が失くなることも有ろうかと

そして最大の因は、護岸工事などが進んでマコモの自然生息場所が激減したことでしょうか

.

昨今は、低カロリーで食物繊維が豊富なので注目野菜の一つになり、水田の転作作物としている処も

若く肥大した部分だけを食用、タケノコに似た食感とほのかな甘み、ベビーコーンのような香りが特徴

.

外皮を剥き、サッと水洗いして短冊切りや銀杏切りにして天麩羅、きんぴら、炒め物などにします

新鮮なら生食も出来ますが、軽く茹でてサラダにすると甘味が引き立ちます

.

細切りして、韮と一緒にゴマ油で炒めたのですが・・・写真を撮り忘れて食してしまいました(>_<)

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

 

« 🐟ベタも寒さが苦手? | トップページ | 包子(小籠包) »

コメント

これは買った事も食べた事も無いと思います。
湯掻いてサラダが簡単そう。
今しか出回らないのですね?
探してみます。
有難うございます♪

マコモタケは知りませんでした。
タケノコに似た食感、タケノコ大好きですから、食べてみたいです。

マコモ(ハナガツミ)、アヤメ咲くとは・・・、と読み進んで、思い出したのは、「おくのほそ道」のあさか山の章段です。

本文<かつみ刈る此(ころ)も、やゝちかうなれば、いづれの草を、花かつみとは云ふぞと、人々に尋ね侍れども、更に知る人なし。沼を尋ね、人にとひ、「かつみ かつみ」と、尋ねありきて、日は山の端(は)にかゝりぬ。>

芭蕉が探し歩いた花かつみは、江戸時代には真菰とも、花あやめとも、かきつばたとも当てられてはっきりしてないとのことです。

>もな様
ちょっと珍しい野菜なども扱っている店なら売っているかも・・・埼玉野菜を置いてる店にも?
結構いろいろに調理できて、食感&食味もイイですよ~~~🍳

>hikobae様
食感も食味もイイですよ~~~竹の子のような食感ですがスジっぽさは無いです🍳
地域によってはけっこう昔から食されていたようで、俳句のご紹介ありがとうございます

おはようございます
私もこの放送を観てました
どういう訳か夫がこの番組大好きで必ず観てます
天ぷらが美味しそうでした
マコモタケ、売ってるのを見つけたら即買いです。

>チーちゃん様
是非!!、クセの無い若い竹の子のようでサクサクした食感もいいです(^o^)
珍しい食材の紹介も楽しいし、定番の食材の変わった料理法など知れるのもイイですよね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 🐟ベタも寒さが苦手? | トップページ | 包子(小籠包) »