« 大根のゴマ油焼き | トップページ | 浅蜊のブヤベース »

2024年4月 3日 (水)

桜餅を作ろう

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

予想より遅れて桜が咲きだしました・・・桜の開花は多くの方が心騒ぐと仰いますね~

.

昨日は、ベランダから観られる桜並木の枝の蕾たちも、急くように開花し始めました

桜の季節、短い数日間の心の高揚、天気に恵まれて桜を満喫できればいいですね~🌸

花ビラが風に舞う中🌸を愛でて歩くと、「花より団子」の気分にもなろうかと

と言いつつ・・・私は、団子🍡🍡ならぬ“花より桜餅”派なのかも~

.

市販品が簡単に買えるのに、わざわざ自分で作ることもないと思うのですが~~

たまには“面倒を克服”したお手製もいいかもと、なにしろ暇人なので挑戦👌

.

❤自家製桜餅 (6個分)

Photo_20240315082501

桜餅は、一般的に関西は道明寺を蒸して餡を包み、関東は白玉粉に小麦粉を加え薄く焼いた皮で餡を包みます

材料や手順としては関東風が私でも作れるかと~~で、今回は関東風に作ってみます

  • 桜の葉の塩漬け(6枚)は、薄い塩水に漬けて塩抜きしてを
  • 水(130cc)に白玉粉(20g)を、泡だて器などを使って良く溶く
  • 小麦粉(40g)と砂糖(大2)をふるいにかけて、2に加え良く混ぜる30分くらい寝かせる
  • その間に、小豆の漉し餡(150g)を6等分して、俵型に丸めておく
  • 生地に食紅(微量・爪楊枝の先に付いたかどうか程度)を溶かし、テフロン加工のフライパンに1/6量を楕円形になるように流し入れる
  • 表面が乾いたら、裏返してすぐ引き上げる。同じ要領で6枚焼く
  • 餡を巻くように包み、葉の水気を良く拭いて巻きつける(写真は2枚巻いたが、1枚でOK)
    ※桜の葉の塩漬けは菓子用品売り場 0r 漬物売り場などにあります・・・小豆餡も市販品でーす

食紅は、微量でも思いがけず真っ赤になるので針先くらいの量を水に溶かしてみて赤さを試してから本番に入れます(思い描く色より薄めでちょうどいい焼き上がりになるかと)

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

« 大根のゴマ油焼き | トップページ | 浅蜊のブヤベース »

コメント

手作りの桜餅とは、さすがです。
皮の色もほんのりと美味しそうですね。
ば~ばさまの桜餅、頂きたいですよ。

作り方も知りませんでしたし、ありがとうございます。

見た目、和菓子店に勝るとも劣らずの桜餅❣️
お味は優っているかも。
お茶を淹れて、満開の桜を愛でながら味わう桜餅‥ 最高の贅沢ですね。😃

>hikobae様
最近は売り場に菓子作り材料など揃っていたりするので、興味を実行してみるチャンス
餡も袋や缶詰で買えるし・・・失敗しても食べるのは自身だからね、暇潰しに~(^^;)👍

>もな様
桜が咲き始まると、酒肴だけじゃなく甘味も何かしら作ってみたくなって(~o~)
皮は白いまま(大島桜?)でも良かったんだけど~~昨夕は桜餅で🍺(>_<)

おはようございます
春になると桜餅食べたくなります
先日も買って食べました
その桜餅と全く遜色ないですね
ご自分でササッと作っちゃうば〜ばさん流
石です
こちらの桜の見頃は明日辺りだそうです

>チーちゃん様
低体温症以後に、幾箇所かの間接に痛みが出て外出が億劫になりました
暇を持て余すので「失敗しても食べるのも自分」と、いろいろ挑戦してみています🌸🍡

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大根のゴマ油焼き | トップページ | 浅蜊のブヤベース »

ブログ村

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ