カテゴリー「珍しい食品」の記事

ミミガー

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

疲れ易くチョットしたことで痣が出来る、抜け毛がヒドイ༼༼@_@;༽༽・・・悩み急増💧

.

いま、病院での定期検査など停止されているので新たな薬の処方もされず、服用薬も減って

新たに通院しようと思ったクリニックの医師の超威圧的態度に拒否感(ビビって)・・・体調相談の出来る処を捜さなくっちゃですが

紹介状で行った先でビビり次を探せずにいますが、とにかく自分で何とかしなきゃァね~

.

私のような高齢女性に不足しがちなのは“コラーゲン”“カルシウム”“女性ホルモン”???

何もかもだよね~~気力・体力・視力だけの衰えじゃないの、思考力や記憶力・判断力・・・etc

こんなに何もかも欠乏してて、サプリでイイのかなァ~食事での摂取も考えなくっちゃぁ(ღ˘へ˘)

.

そんな頭に、元気な“おバァ”のイメージがドーンと来ました、「沖縄食材かな??ー👍」

『沖縄料理』で思いつく多くの中には“テビチー”や“ミミガー”なんて言うのがあります

.

コリコリとした食感がオイシイと通好みのミミガー、ミミガーは沖縄の方言で「豚の耳」

このミミガーを使った沖縄料理そのものも「ミミガー」と呼ばれます🐷

豚の耳を火で炙り表皮の毛を処理、茹でたり蒸したりした後で細切りにして使うのが一般的とか

.

軟骨のコリコリとした食感がたまらなく、ポン酢や酢味噌、辛みそを使った和え物が代表的

Img_0256-2

最近は郷土料理のジーマーミー豆腐でも使われるピーナッツバター和えも定番になっているとか

また、照り焼きソースなど自分好みで味付けするのも人気らしいです

.

沖縄では一般的なスーパーや市場にも並べられていほど地元の方々には身近な食材

土産物店などでも売られていますが、ネット通販にもたくさん出ています

私が見つけ出したミミガーは、ミックス味噌(豆、米)、醸造酢、砂糖、みりん、醤油、ごま油、唐辛子などの調合タレ付き

和えるのがいいのでしょうが、私はチョットずつ付けて食べたいので別添えに👌

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

葉付き山葵の粕漬け

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

最近は食品も通販で買うことが増えて、駅ビルの産直やアンテナショップもご無沙汰

体の怠さも解消したし、日用品の在庫も無くなったし、2回目のワクチン接種を控え

久々に駅ビルの大きなスーパーへ買い出しに、そこの入り口で思わず足を止めたのが産直店頭の“葉茎付きの山葵”・・・思わず買っちゃいました

Photo_20210323140801 .

こんな山葵を摺って、お蕎麦やお刺身を食べたら(´艸`)オイシー♪

もちろん鮫皮の下ろしで・・・ネ

パリパリの海苔で微塵切りの山葵を巻いた細巻きもイイナァ💓

.

わさびの茎は痛みやすいので、美味しく柔らかい茎は一般にはほとんど流通しませんから貴重

本山葵を下ろした刺身の美味しさは言うまでも無いけれど、葉や茎の食感や食味も“通好み”

茎の部分は基本的には醤油漬けがポピュラーですが、今日の一仕事は葉と茎を使って味噌を加えた“味噌粕漬け”に
.

酒粕は同量の酒で溶き、同量の味噌を合わせておきます

同じくらいの大きさのザルを2個用意し、一方のザルに水洗いして適当な長さに切った葉と茎を入れます

そこに沸騰したお湯をかけ(お湯はかけすぎないよう注意、じゃないとお浸しになっちゃうよ~)

すぐにもう一つのザルを被せて上下に振ります、100回以上ネ (๑˃̵ᴗ˂)وガンバ!!

山葵の辛い匂いが出て水気が切れしんなりしたら、密封できる容器に押し込みます

味噌と合わせた酒粕を加えて混ぜ、しっかり蓋をして冷蔵庫に

.

半日ほどで食べられますが、数日後の方が美味しいでしょう

まだちょっと浅漬けの味噌粕漬け(ღ˘⌣˘)☝

2_20210323145601

醤油漬けの場合は、合わせ酒粕を醤油に替えて加え密封し冷蔵庫に

.

山葵本体はラップで巻いてチルド室に、ワクチン接種の帰りに「お刺身を買ってこようーッ

🍜もイイナァ」などと・・・接種後の気怠さを忘れて食い気ばかりが膨らみ💦

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

ホッケ燻製

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

漢字で書くと”𩸽”、アイナメ科で、地味な体色をした40センチほどの魚

名は体を表すの通り、ホッケは北海道で桜が咲き始める頃が脂の乗り出す目安

名前の由来は諸説ある様ですが、鎌倉時代に日蓮宗の日持上人が蝦夷地を去る礼として、これまでいなかった魚を獲れるようにし、地元の人はその魚を「ホッケ(法華)」と呼んだとも言われています

.

居酒屋では『ホッケの開き(干物)』が人気メニューですが、5月から7月にかけて漁獲されるマホッケが最高の干物の原料となるそうです

獲れたての鮮度のいいマホッケは刺身でも美味しく、その味はヒラメにも匹敵するかと

生なら、フライやムニエルが一般的で、醤油味の付け焼きも美味しいのですが~

先日(1/24日)は珍しい“飯寿司”を取り寄せましたが、今回は更に珍しい燻製です

.

ホッケは鮮度が落ち易い魚なので関東以南に生で丸ごと出回ることは殆どありません

輸送手段が発達した昨今も、多くは現地で干物などに加工されてから出荷されます

そんな理由もあり、干物の多くは輸入された縞ホッケで頭を落としたモノだと思います

.

北海道や青森などでは、かつてホッケやニシンの保存に糠漬けという方法も使われたと

若狭(福井県)~丹後半島辺りで越冬の保存食として重宝されている『へしこ』のようなものかしら

.

ホッケの加工品はたくさんありポピュラーな干物以外にも、身欠きの燻製、飯寿司など

飯寿司はかなり認知度が上がってきていますが、それよりも珍味は身欠きにして塩漬けし干してから熟れ寿司にしたものもあるんです・・・私は何故かそんなクセのある食品が好き~

Rimg0001-1_20210130124701

と言うわけで、今日は『マホッケの燻製』・・・薫香が~イイ~(ღˇ◡ˇ*)♡

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

烏賊すしの商品名

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

年末にJ子さんからの宅配便に“鯨ベーコン”や“鮭飯寿司”などととも入っていた好物の『烏賊すし』

Rimg0001_20201113080601

.

以前に売り場に見つけて自前で買った時には烏賊の酢漬けでご紹介しました

.

私はずっと登録されている“商品名”は幾つか有ると言うことを知らなくて・・・と言うか、中身にしか興味が無かった??と言う失礼なことで

切り口が「花みたいでしょ」なんて呑気にご紹介してましたが~

その後通販で買ったのは『烏賊すし・花ぐるま』と・・・他にも『烏賊すし・桜』と言うのも

どちらも“花”に因んでいましたけどね
.

烏賊すしは青森県下北半島の郷土料理で寿司と言っても餅米や粳米などは入っていません

ボイルしたスルメイカ(他のイカでも可)の胴体に、イカ下足と塩漬けしたキャベツ、ニンジン、紅しょうが等の野菜を詰めて酢漬けにした伝統的な料理

.

下北半島と同じく烏賊の漁獲が多い三沢から八戸辺りでも個人的に作る人が多いようで、ネットにたくさんレシピが紹介されていました

作り方がそんなに難しくないと自家製『烏賊すし』に挑戦する人は多いようです

最近は「独りだし~作るより買った方が早く楽」に傾いてしまった私・・・反省

「シッカリしなさいョ🙌」と声が聞こえるような~(๑´ლ`๑)フフ♡

.

マ、好物には変わりない訳で・・・ネットショッピングしてます

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

切り干し大根松前漬け

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

松前漬けに使われる“がゴメ昆布”は生息条件が限定的で、津軽海峡に接する函館や青森の一部海域が主採地の希少昆布です

ガゴメ昆布のフコイダンは他の海藻より圧倒的に豊富で、健康食品としてだけじゃ無く薬品や化粧品などいろいろな分野で効能が注目され研究されています

そのネバネバ度はかなりのもので、その粘りゆえに出汁にも料理にも使いにくいと敬遠され

昔は同海域の“真昆布”ばかり高値取引され“ガゴメ昆布”は商品として見られなかったとか

.

ガゴメ昆布には食物繊維のフコイダンのほか、増粘多糖類の“ラミナラン(βグルカン)”や“アルギン酸”が豊富

.

その驚きのネバネバを活用した食品で販路を開いたのが『松前漬け』

函館の朝市から広まったと言われますが、イマではいろいろな通販サイトでも人気商品です

.

『松前漬け』は細切りガゴメ昆布にスルメや人参などを加え醤油味で仕込んだ“ご飯の友”・・・が基本形

最近ではカズノコを加えたり、ミニホタテ、イクラ、タラコなど加えるモノも・・・味付けも多様に進化しています

.

作日、私が仕込んだのはスルメ代わりに切り干し大根と人参千切りを加えた超シンプルバージョン

(冷凍庫に残っていた先日通販購入したツブ貝少々、薄切りで加えました)

Rimg0007-3

.

キムチや野沢菜漬けなどを漬け汁毎混ぜたり、味噌汁に入れても結構イケます

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

男鹿ブリコ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

令和3年3月3日・・・3並び、ゾロメって何か嬉しい~根拠は無いけれどネ ╰(*´︶`*)╯

.

近年は幻魚になりつつある魚の一つが“ハタハタ”

今回は秋田県男鹿から『♪秋田名物、八森ハタハタ、男鹿でオガブリコ・・』と唄われるハタハタの子持ち(ブリコ入り)を通販GET

.

Rimg0002-3ショッル鍋、田楽、煮付け・・・etc

どう食べようかなんて悩む程の量でも無いかな~10尾入りの冷凍箱

22~23cmほどのハタハタ、1尾¥500は高いなぁ

身は少量でも卵タップリ

だから、興奮してる私

漁獲は時期が限られ短いので、冷凍でも入手出来たことはlucky (๑´ლ`๑)フフ♡

.

「小骨が多く食べ難いンじゃぁ」と思われそうですが、殆どの骨は柔らかくて気にせずに食べられます

.

秋田県の魚、そんなイメージのある魚“ハタハタ”、実は日本海沿岸で漁獲されています

ありがたい魚だからと魚偏に神=『鰰』と書くこともありますが、一般的には魚偏に雷で『鱩』と書くことが多いようです

.

ハタハタは別名を“カミナリウオ”と・・・関東沿岸ではカミナリは夏が相場ですが、北国・特に日本海側では海が時化る11月下旬から12月にも寒冷前線の影響でカミナリが鳴ります

また、この時期は沿岸に温水帯が発生してハタハタの接岸を妨げることがあるですが、時化るとこの温水帯が破られ冷水帯になってハタハタが沿岸で豊漁になるそうです

カミナリ=時化=豊漁・・・と言いたいのですが、近年は時化てもハタハタの漁獲高は減る一方

解禁期間はほんの僅かとなっているそうで、メスの抱卵時は次世代のため漁獲制限されます

.

頭から尾先まででも23cm有るか無しの小ぶりな魚ですが、はち切れんばかりに腹に卵を抱えたメスのハタハタ・・・存在感は圧倒的

身も旨いのですが卵周りのヌメリとした食感とブリッとした噛み応えなど堪りませ~ん!!

そんな卵のプチコリを堪能したい・・・しょっつる鍋や煮付けもいいですが簡単に美味しく食べられるのは塩焼き

時間があれば醤油漬け焼きや味噌漬け焼きも、迷ったら“焼き”で間違いない (ღ˘‸˘)☝

.

まずシンプルに塩焼き、パラッと塩を振って20分ほど置いて焼く・・・ブリコの凄さを感じて~(๑˃̵ᴗ˂)✊

Rimg0008-2_20210227144901

数年ぶりの“ブリコ”なので有り難く頂きましたが、幻にならないように祈るばかり

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

鱈の冬葉

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

2月初めに“鱒の冬葉(トバ)”をネットで買い、形(干し方)の懐かしさと味にリピート

ついでに(?)鱈の冬葉も同時注文・・・父は鱈の“昆布締め”が好きだったので、鱈の上身は殆ど昆布締めされて残った小さい身だけ乾されました

それは居酒屋などの“乾き物”と同じようでしたが~

.

この『鱈冬葉』はそんな乾物ツマミで出る“干し鱈”とはちょっと違いますね

.

この鱈冬葉は真鱈(マダラ)ではなく助宗鱈(スケソウタラ)ですね

Rimg0001-3_20210128184801

.

魚偏に雪、と書いて“鱈”・・・北国が真っ白な雪景色の頃が真鱈の季節

鱈は冬の魚なので・・・季節には少し過ぎましたが乾した鱈はこれからが出番

.

鱈は真っ白な身が淡白で美味しいのは言うまでも無く、その卵巣や精巣(白子)も珍重されます

真鱈の別名は大口魚

ガバッと開けた口は体径ほどもある。その大きな口で、腹の皮がはち切れるほど大食する

だから、大食いすることを「鱈腹食う」と言うのだと聴いています

鮮度の良い身は、その淡白さを活かして刺身や昆布締めにすると美味しいんです

.

助宗鱈(スケソウタラorスケトウタラとも)は真鱈のように生や昆布締めで食されることはなく、多くは練り物に

ただ乾物にされるとクセの無いツマミで好きな方が居ますね

私的にも珍しかった『鱈の冬葉(トバ)』・・・干し鱈よりガッチリした食感が“ロック”👊

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

ツブ貝刺身

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

昨今の寿司ネタや刺身で「真ツブ」が人気上昇だとか・・・私的にはミル貝と並ぶ好きな貝

生で刺し身に出来るのは真ツブだけですが、他のツブ貝も茹でて刺身に出来ます

 

ツブは、軟体動物門腹足綱のうち、食用にされる一部の貝類の通称です

ツブ貝の古名としてはツビ、ツミなどがありますが、この名が指す範囲は曖昧で特定の種や分類群を指すわけではないのです

依って「ツブ」や「ツブガイ」という標準和名の貝も有りません

.

“螺(つぶ)”と呼ばれる貝には曖昧な部分があります

何しろ“ツブ”そのものが、特定の種類を指しているわけで無く、そんな和名の貝は無いのです

つまり、時代や地域によって、ツブと呼ばれる貝が違ったりもします

ただ、一般的に市場で“ツブ”もしくは“ツブガイ”と呼ばれる多くは、エゾバイガイ科の類

その中でも、エゾボラ属やエゾバイ属などの中~大型の寒流系が多いかと

Rimg0006-3.

.

“ツブ”と良く似た貝に“バイ”があり、バイ貝と言われるエッチュウバイやオオエッチュウバイ等

ただ~ツブとバイの実体は、なかなか素人では掴めるものではないようです

マ、ツブの素人薀蓄としては「コロッとした巻貝」「長めの螺旋筋のある巻貝」・・・と言った処

.

あと、ツブは“貝好き”には堪らない独特の食感があり人気が出るのも分かります

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂

鱒の冬葉

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

マス(鱒)はサケ目サケ科に属し日本語名に「マス」がつく魚

日本で一般にサケ類(通称でシロザケなど・・・いわゆる鮭)、ベニザケ、キングサーモンと呼ばれる魚以外で、サケ科の魚をまとめた総称だそうです
.

マス、トラウト共にサケ類の陸封型の魚で海に戻る(降海)前の魚を指すことが多いでしょう

主に、イワナ、ヤマメ、アマゴ、ニジマス、ブラウントラウトなどがマス類、トラウト類など呼ばれます

.

炙りサーモン、鮭のルイベ、鱒の寿司などなど・・・私たちは日頃から適当に呼び分けていますが

「ピンクの身を持つ鮭グループの魚」はサーモンなのか鮭なのか、鱒なのかって深く考えませんね

.

その違いを改めて(但しザックリですが)調べてみました

サーモンと鮭の違い?

学術的な分類はまた別として、スーパーなどで購入する場合にも“鮭”なのか“鱒”なのかくらいは知っておきたくて

まずは銀鮭、紅鮭など「鮭」の表示があるものは鮭、「アトランティックサーモン」と表示されているものがいわゆる‘’サーモン‘’

.

日本で鮭として売られているものは、北太平洋と北極海の一部に生息するシロザケという種が多いそうです

これは分類ではサケ科サケ属になります

さて・・・で?、鮭と鱒との違いは?

.

鮭と鱒と聞くと、随分違う魚のように感じますが、実は鱒もサケ科の魚です

かつては淡水に棲むものは鱒、海水に棲むものを鮭と区別したり、サイズで大きいものが鮭、小さめは鱒と分けたりしていた時代もありました

ですが遺伝学が進歩し、そういった分類では纏めきれないと判明、その区別は専門家の間でもまだ研究段階にあるそうですが

.

何度も『鮭のトバ』はご紹介してきましたが、今回は『鱒のトバ』です

Rimg0003-2_20210121151901

こういう“ロック(岩石)”状の干し方は子供時代にも手伝わされて・・・懐かしい形

「トバ(冬葉)」はアイヌ語の tupa トゥパ「鮭の身を縦に細かく切って乾かしたもの」に由来するとか

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

粘々ギバサ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

「ギバサ」はホンダワラ科のアカモクという海藻です

アカモクはワカメ、メカブ、コンブなどと同様、褐藻類(ヒバマタ目ホンダワラ科)に属す海藻

秋田や青森西部では昔からソウルフードとして伝統的に食べられてきました

.

日本海の荒波にもまれて育ち収穫は5月下旬頃からで、春を告げる草とも言われ収穫期は初夏

いま買えるのは主に冷凍品です

Rimg0006_20210122122101

.

東日本各地の沿岸に分布しており、地域によって「ギバサ」(秋田)や「ギンバソウ」(山形)、「ナガモ」(新潟県)などと呼ばれ、食されています

ミネラルや食物繊維、ポリフェノール等を豊富に含む点から健康食品としても注目され、まだまだ研究過程の有望海藻かも

.

昨今は三陸産のシェアが拡大・・・松島湾のような栄養塩に富む浅海が生育に適していて、生命力がとても強く、長くなると7mぐらいにまで成長とか

シャリシャリ食感なのに脅威的粘々・・・但し、食用部分は少量だけですが~(´Д`)
.

宮城県の塩竈市に在るお釜神社(海水を煮て塩をとる方法を教えた神とされる塩土老翁神を祀る)には藻塩焼き(もしおやき)という神事があります

積み重ねた海藻に海水をかけて煮詰め塩を採るもので、その際にホンダワラやアカモクを使用

他にも、宮城県では海水浄化に果たすアカモクの役割について調査・研究しています

食用への活用と環境と健康の両方に寄与する=“植えて良し、食べてよし”のスーパー海藻として認知度UPに期待

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

より以前の記事一覧