カテゴリー「今夜の献立」の記事

2019年4月14日 (日)

ツナと人参の和え物

🍺美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

ツナ缶は何処の家庭にも1個や2個は常備されているのじゃないかしら

.

ツナは一般的にはマグロ油漬けの総称…最近はノンオイルも人気のようですが

マグロの油漬けは日露戦争前後から各地の水産試験場において研究が進められていました

1929年に静岡県の水産試験場が開発した製品がマグロ油漬け缶詰の最初の成功例だと言われています

.

アメリカに輸出されて大好評を得ることとなったマグロ油漬け缶詰

静岡県の水産試験場は各地の缶詰業者にマグロ油漬け缶詰の製品化を提唱

まず清水食品が成功、その後、はごろもフーズの前身である後藤缶詰も製造を始めることに

.

終戦後、後藤缶詰はこの缶詰を輸出から国内向けに転向させてシーチキンの商品名で売り出しました

シーチキンとは、はごろもフーズが製造する『マグロまたはカツオの油漬け、または水煮の缶詰』の商品名

名前の由来は、味が鶏肉のささみに似ていることからとか

いまではシーチキンの商品名は日本国内でマグロ油漬けの代名詞的になるまでに広まっていますね

.

一般的に原料となるのは、ビンナガ(ビンチョウ)、キハダ、カツオです

カツオを使用したものは「シーチキンマイルド」と呼ばれるようですが

.

缶詰は大きく油漬けと水煮の二種類に分けられます

中身の形状は大きく分けると3種類で、ソリッドタイプ(身が塊になっているタイプ)、チャンクタイプ(身が大きくほぐれているタイプ)、フレークタイプ(身が細かくほぐれているタイプ)になります

.

パンに挟んでもいいし、お弁当にも使えるツナと人参の和え物

Photo_478

人参は斜め薄切りにしてから千切り、ボウルに入れて塩を振って軽く混ぜ30分ほど置いて水気を出します

玉葱を縦に薄切りして加えて混ぜ合わせ、シンナリしたら一緒に軽く水気を絞ります

ツナ缶(フレーク)を汁ごと入れて、醤油と胡麻油、酢、胡椒少々を加えて全体にむら無く味を馴染ませましょう

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年4月10日 (水)

菜花の薩摩揚げ

🍺美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

花や蕾を食べる料理はけっこうありますね

春の色と香りが楽しめる菜の花もいろいろな料理に使われます

.

花が咲き始めてきたものは綺麗には見えますが、食用には蕾が堅くて葉が黄ばんでいないものを選びたいです

店頭で萎れて見えても切り口がしっかりしてさえいれば水に放しておくとシャキッとします

.

茎の固い部分は切除いて茹で、和え物、炒め物、汁物などに使います

汁の実にする時は豆腐やハンペンが合います(紅白のアラレハンペンを使うと料亭風かもね)

刻んでご飯に混ぜ込んでも春らしい

天婦羅には生のままで

塩漬けした“菜の花漬け”も風雅なもの

.

ブロッコリーなどもそうですが、蕾を食べる野菜は野菜自体のもつ活力を食べること

これから育ち咲くエネルギーが満ちているんですもの

そんなミネラル豊富な菜の花、今年は平年より早めに出回り安値だったので少し冷凍しておきました

.

刻んだ菜の花と市販の擂り身を合せて少量の塩調味(甘味が好みなら砂糖も)で混ぜ、平たく丸めて揚げ焼きに

Photo_479

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年3月27日 (水)

サーモンソテー

🍴美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

切り身で出回るサーモンの殆どはチリ産ですね

それらは養殖されたものなので脂が多くて身は美しい紅色です

鮭の身の紅い色は餌になるオキアミなどから摂取されたアスタキサンチンに因るもので、鮭は本来白身魚なんです

運動や循環のためのミオグロビンで身が赤くなっている鰹などとは異なります

.

因みに鮭もサーモンも同じサケ科ですが、鮭とは主として日本近海で獲れる白鮭、銀鮭、時鮭、紅鮭

サーモンとは日本近海では獲れない太平洋鮭(アトランティックサーモン)や大型紅鱒(サーモントラウト or トラウト)、鱒の介(キングサーモン)を指します

.

脂の乗ったサーモンは刺身でも美味しく、近年の回転寿司などでは人気上位になっています

他にはフライやムニエル、シンプルな塩焼きなども

Photo_475

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年3月25日 (月)

春キャベツのオムレツ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

春キャベツが柔らかく美味しく、しかも買い易い価格で山積み

春先から初夏にかけて穫れる“春キャベツ(新キャベツ)”は、巻きが緩くて葉が柔らかいのが特徴

.

ビタミンCが豊富で、外葉なら陽を浴びた分カロチンもあります

ビタミンB1、カルシウムも…何よりなのは胃腸障害に効果があるビタミンUが含まれていること

元来、胃が大きく腸が長い日本人は穀物と野菜中心の生活で便通を整えて体調を維持してきました

それが食生活が欧米化して肉食比率が急増したために、胃や腸は懸命なる消化運動をしなくても良くなって働きが弱まっているそうです

その結果が大腸癌や、心筋梗塞や脳梗塞などを招く“動脈硬化民族”になりつつあるのでしょう

.

壊れ易いといわれるビタミンCですが、キャベツ丸ごとなら一週間程度の保存ではビタミンC含有量にほとんど変化がありません

買うなら割ったものより丸ごとを買って、葉を剥がしながら使うのがいいということになりますね

.

キャベツなどのアブラナ科野菜は高脂血症予防にもなるそうです

キャベツで増量(?)して好きなオムレツをドーンと食べましょう

コレステロールなんて怖くない健康レシピ

Photo

春キャベツの挽肉入りオムレツ

フライパンの大きさで作ったので食べ切れない分は冷凍保存に

切り分けて皿に盛りキャベツの柔らかい葉かサラダ菜などを添えてケチャップで

.

****************************

※未だにサーバーの不具合が続き、コメントが入らない方が多いようです

当方からのお返事も入れられません…何もしてないのに「投稿元(私)の拒否」と…腹立たしいですね

この先どうなるのか、サーバーを替えるべきか悩んでいます

2019年3月23日 (土)

和風ミモザサラダ

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

あちこちでミモザが満開、駅ビル入り口の産直店頭には通路が黄色く見えるほどの花束が

花瓶に挿す方より、スワッグ用に買い求められる方が多いそうです

Photo_3

ミモザのフルネームはミモザアカシア

バラ亜綱、マメ目、ネムノキ科、アカシア属に分類されます

アカシアには房アカシアと銀葉アカシアとがありますが、よく似ていて区別は難しいです

大木になるのは房アカシアの方ですって

.

ミモザアカシアはオーストラリア原産で、黄色の球状花が房状にびっしり咲く“頭状花序”

かなりの大木に育ちます

この花が散る様は「ゴールデンシャワー」と言われるくらいで黄色の雨が降り注ぐようだと

.

南フランスは、とくにミモザが有名でイギリスなどに出荷もしている。

フランス・カンヌ地方では3月に《ミモザ祭り》が催されると聞きました

.

ちょうど春は卵が一番美味しい時季です

ミモザの花のようなサラダを作ってみました

Photo_4

茹でたホウレン草と蒸しササミをマヨネーズで和え、塩・胡椒調味の炒り卵を乗せる

本当は手間をかけて笊などで裏漉ししたらBESTなんですが

満開のミモザの花のイメージで~

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年3月16日 (土)

赤魚煮付け

🚥更新していますがping送信できません、こちらからお訪ね頂けたら幸甚

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

赤魚鯛(アコウダイ)…名前に鯛と付いてはいますが鯛の仲間ではありません

.

日本人は鯛が大好きで、タイ科とは縁もユカリもないものまで「○○鯛」と呼んでいたりします

この“アコウダイ”もそのひとつで実は本籍はカサゴ科の魚なんです

いわば、戸籍詐称の「あやかりタイ」なんですね

ただ、形や色(容姿)が鯛によく似ているのですから、マ、可愛いウソかな

.

さて、さらに紛らわしいのは、アコオという魚もあります

大雑把にいえば赤い魚はみんな赤魚といえるのですが~

アコオというのは50cm~1mにもなる水気の多い魚です

.

他にも、北大西洋辺りから輸入されるアラスカメヌケが“赤魚(アカウオ)”として売られていますね

アコウダイは高級魚ですが、アカウオは大衆的な買い易い値段です

市場には殆ど冷凍で出ていて、煮つけ、塩焼き、唐揚げにして美味

他には粕漬け、味噌漬けなどに加工されて出ています

.

アコウダイは高いので、お手頃価格のアカウオを煮付けました

Photo_2

甘辛いこっくりした味付けが合います…一緒に煮た野菜も美味しくなるのが嬉しい

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年3月 8日 (金)

鳥貝と三つ葉酢の物

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

昨日の鳥貝、パックには12枚並んでいたので半分は刺身

あと半分はチルド室に入れ、翌日に野菜と酢の物にしました

Photo_2

.

水に晒して絞った新玉葱の薄切り、三つ葉、青紫蘇などとポン酢和え

.

鳥貝は刺身、寿司種、酢の物にすることが一般的

なぜなら加熱し過ぎは肉が本当に固くなるから要注意なんです

.

他に美味しい食べ方としては、ちょっと焙って山葵醤油で食べるの

これなどはなかなか通っぽい味ですが、くれぐれも焼き過ぎないように

.

市場に出る大半は寿司種として消費されるようです

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年3月 3日 (日)

雛ちらし寿司

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Rimg0005_3今日は雛の節句ですね

近年はなんの雛祭りらしいこともしませんが、桃の枝を挿しました

桃の花が有るだけで、部屋にフンワリ柔らかな空気が流れます

.

昨日はスーパーでおもしろいミニ蒲鉾を見つけました

“金太郎飴”のように切り口に文字や絵柄が出る蒲鉾なのですが~凝ってる

キティちゃんやポケモンなど絵柄物の流れで、お雛様

.

男雛と女雛は別々の板蒲鉾なのですが、1本の長さが5㎝ほどなので持て余しません

.

なんかホノボノした気分で、寿司売り場で買ったチラシ寿司に並べてトッピング

Photo_2

ちょっとした『雛寿司』になったでしょう

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月22日 (金)

おでんの日

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

2/22日は「ニャンニャンニャン」で『猫の日』

なんですが食べ物中心に書いているブログなので

2/22日=フゥーフゥーフゥー、つまり熱々~で『おでんの日』です

Photo

.

おでんは日本料理のうちの煮物料理の一種です

田楽と言われる食物が原型だといわれますが、原形の田楽は室町時代に出現した料理

田楽には具を串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほか、具を茹でた「煮込み田楽」がありました

.

のちに煮込み田楽の方が、女房言葉で田楽の「でん」に接頭語「お」を付けた「おでん」と呼ばれるように

そして、単に田楽といえば焼き田楽を指すようになったようです

.

江戸時代に濃口醤油が発明されると、江戸では醤油味の濃い出汁で煮た「おでん」が作られるようになりました

それが関西に伝わり「関東炊き」「関東煮(「かんとだき」)」と呼ばれるように

関西では昆布や鯨、牛すじなどで出汁をとったり、薄口醤油を用いたりと独自に変化し、関東大震災後には、おでんが途絶えかけた東京に逆輸入

.

おでんには具材や調味料など地域性が色濃いものが多いですね

特色ある一つは青森県青森市のおでんで、ツブ貝、ネマガリダケ、大角天(薩摩揚げの一種)など独特の具が入ったおでんに生姜味噌だれをかけて食べます

また、静岡県静岡市のおでんもよく知られ、濃口醤油を使い牛スジ肉でだしを取った黒いつゆを使用、はんぺんは焼津産の黒はんぺん、すべての具に竹串を刺し、上に「だし粉」と呼ばれるイワシの削り節や鰹節、青海苔をかけて食します

最近では当たり前のようにトマトを入れてる店も増えましたが、初めは1998年に銀座【よしひろ】からだとか

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月12日 (火)

鱈の親子?煮

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

暦の上では立春が過ぎましたが、売り場にはまだ冬の魚“鱈”がズラリ

鱈の季節は冬、魚偏に雪と書いて“鱈”ですもの

.

切り身で並ぶのはスケトウタラ(助宗鱈とも)ではなく“真鱈”

その身が雪のように白いことと、雪の季節が旬だから付いた名です

季節はもう春、冬の魚“鱈”も生で出回る時期はそろそろ終わり

.

真鱈の別名は大口魚、ガバッと開けた口は体径ほどもある。

その大きな口で腹の皮がはち切れるほど大食します

だから、大食いすることを「鱈腹食う」と言うんですね

.

Photo_5

鱈は白子も珍重されます

だから本当は真鱈の白子で親子煮といきたかったのですが、売り場にはスケトウタラの白子だけ

真鱈の身とスケトウタラの白子…親戚煮かな?

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

より以前の記事一覧