カテゴリー「その他の記録」の記事

干し柿の思い出から

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

物心ついた頃から雪国・青森で育ったので“柿”よりは“リンゴ”

雪の積もらない地域で古いお宅の庭に当たり前のように柿が実っている風景に(*゚Д゚)💚

.

夫と結婚し初めて彼の故郷訪問した正月・・・義父が「見た目は良くないけど旨いぞー!」

それが干し柿と、籾殻に忍ばせていたトロットロの熟し柿

干し柿は未だしも、手に持つと崩れて流れ落ちそうな熟し柿って~~腐ってないよね

「指の圧でドロンと流れ落ちそう=イヤだなぁ」食味以前に触感で手が出ませんでした

.

川魚は「同じ魚類だしー」で、寒ブナの甘露煮も平気でしたが~~~熟し柿がネ(>_<)

それが、甘い物が苦手な夫が唯一自分から欲する“甘味”だなんて・・・不思議で

.

干し柿には夫が逝ってから縁薄く(けっこう高値だし)ーーーそんな私に近所の奥様が

「Tさんですよね、お会いしたかったですーーちょっと待って頂けます?」と

「今年はあまり数が干せなくて、しかも皆さんに上げて~でも3個だけは残していたんですよ」

Img_1110-2

お顔はなんとなく見覚え有りますが、お名前までは存じ上げないのに~~何故??

.

「隔月配布の『支援便り(仮名)』のTさんのコラムが好きで、毎号楽しみに拝読しているんです

一昨年かしら“干し柿”と旦那様の思い出を書かれたのを読み、是非ご仏前にと力が入りました

この庭の柿です・・・美味しく干せたと思います、これからもコラムを楽しみにしています」

.

最近、見知らぬ方からお声を掛けられることが度々でーー確かに書いているのは私ですが

でも~写真は出ていないし・・・どうして私が書いたと??・・・嬉しいよりコワイ??

でも、胸はホカホカ、やはり読んで頂いた方からのお声がメチャ嬉しく励みですもの💓

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

遊歩道の敬礼オジサン

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Photo_20230106144101

Photo_20230106145801

 

 

 

 

 

 

 

.

コロナが広まりだして、私も駅ビルに買い物に行かず、近所のスーパーや宅配が中心に

そんな生活に慣れ、もう4年目・・・生活習慣もずいぶんと変わりました

たかだかバス停2つ先の駅ビルにさえ、わざわざバスに乗って行くことが無くなりイマでは滅多に歩かなかった遊歩道の常連に

.

そんな中で、細かいことにも気づいた(^O^)~~🙋

スーパーの前の公園のベンチで手を振ってる“オジイサン”・・・顔はよく見えませんけれど

和やかに手を振ってる?~~殆どの方は無視して通っていきますが、私は手を振り返しました

何処の誰かは分からなくても、いま、この暖かな日差しの中を行き交う幾多の人通りの中で目を合わすのも【

明日は分からない年寄り同士~(ナンチャッテ-)

.

それだけのことで、それ以上は何も無いのですが・・・晴れた日のベンチにいつも居ます

この3年、いつもニコニコと手を振ってくれて、だから私も手を振って「おはようー!」

最近は手を振り返すと~~彼の振る手が私に対しては敬礼(ロ_ロ)ゞになってきましたよ(゚∀゚)

.

何処の誰とも知らず、声を交わすことも無く寸時の「生きてるね」交流・・・イイですね💓

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

2023は平穏に

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

新年の気分はすっかり消えて、また日常が戻りました

コロナが始まった時とはまた違う新たな新年・・・この3年でいろいろな習慣も変わりました

.

コロナに限らず、生活&信条の大きな変化を伴う出来事は人間を変えます

お付き合いしていた方の“思いがけない一面”を知り、お付き合いを止める事になったり

中には思いがけないお気遣いなどでより信頼感が増した方も居ます

体調が思わしくなくなると人付き合いの側面も感じられることが多々あります

.

皆がそれぞれに辛いor寂しいorつまらない・・etc・・の3年を過ごしてこられたかと

世界の人々の交流が深まると、良いことばかりではない事だってありますよね

それらは皆で知恵を出し解決していけば良いのじゃ無いかしら・・・偏見や暴力は無用でしょ

諍いや殺戮(暴力)止めましょう・・・皆、たかだか保って100年足らずの命、愛しみましょう

.

美味しい物、好きな物を食べて~~心愉しく過ごしましょうーー心愉しいと平和に(なるかも?)

Img_1075-2

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

佳いお年を

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

ロシアの無謀な侵攻で、ウクライナの戦火・戦禍も1年近くなります・・・胸が痛みます

来る年はどんな年になるのやら

コロナに振り回されてきた3年、未だ収束には至らず今冬は更にインフルエンザも大流行と

.

いつもフォローして頂く方々、コメントを頂く方々ーー心からの感謝を申し上げます

来る年がより良い年になりますよう、皆様のご健康&ご多幸を祈り上げます🙏

.

次年は私(⇩ウサギ)が干支ですが、年内は寅さんがまだ頑張ってますので私は数日隠れて出番待ち

 

Photo_20221227075501

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

反戦に淡谷のり子を想う

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

最近、反戦を考える時、淡谷のり子先生とそのお兄様?淡谷悠蔵先生を想うことが増えました

.

淡谷のり子先生のお兄様、旧・社会党の淡谷悠藏先生と我が父は旧知の間柄・・・とは行っても太宰治の生家【津島】の末端に連なり、自民党役員の父としては公然とは~~でした

でも、そんな笧など先生はお気になさいません・・・私もずいぶんと可愛がって戴きました

.

そんなご縁もあって、私は淡谷のり子先生に、取材をお願いしたことがあるんです

高校の大々先輩でもありますし~~快くお引き受け頂き、ご自宅にお邪魔させて頂きました1156_2

先生、ご一緒のプライベート写真を公開することを、お許しください

「別れのブルース」「雨のブルース」などのヒット曲を数多くお持ちの歌手淡谷のり子(本名淡谷のり)先生も、お兄様と同様に、正義の主義主張を貫く精神力のある方でした

津軽のジョッパリ(強情張り)精神に支えられた、反骨精神や強固なプロ意識は、世代を超えて多くの人の共感を呼んだことを記憶されておられるでしょう

歌謡界のご意見番として毒舌も振るわれましたが、言葉の裏には温かさがありましたね

.

青森市から女性で初の名誉市民に選ばれ笑顔を見せられたのですが、それがたぶん最後のお顔見せ

口癖は「歌と一緒に死んでいきたい」、その言葉通りの人生だったと想います

.

1999年の9/22日、92歳で、東京都大田区のご自宅でご逝去

.

いま、ロシアの危ない動きで緊張が高まる時、思い出されるのは慰問された当時のお話

「私が歌っているときに、次々に敬礼して席を立つまだ少年のような若者たちが (ロ_ロ)ゞ

思えば特攻の命令が出たんですね・・・涙で胸は塞がれましたが、精一杯歌いました」

.

胸が潰れそうーウクライナに平穏を、ロシアは侵攻を止めて!!!!

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

生きることと宗教

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

いま【政治と宗教】を語るのは、安部元総理の事件のこともあって心に石ころを飲み続けるようで

でも、不可解・不鮮明・不納得、etc・・・自分の心の墜としどころが見えなくてーー(?_?)001_20220723123001

.

我が夫は病死でしたが、その闘病末期から件の統一協会&政党を持つS学会からのしつこい勧誘が

亡くなった後は、寸刻の間を置かず・・・何処で誰が報せているやら、数名で押しかけてきました

私の不行跡が招いたと言うことで~~~“立石に水”のごとまくし立てていました

そりゃあ、多くの“非”がある妻でしたが、それは我が心が懺悔することで【訳の分からない宗教の高額な壺や経典を買えばチャラになるって訳無いでしょ

1回の勧誘で終わらず、ドアを開けないと買い物時の待ち伏せ・・・etc、シツコカッターー!

私が逃げ回る必要は無いのだけれど、とにかく関わりたくなくてバスツアーなどで留守にしてました

.

.

殺生は決して認められませんが、其処まで追い詰められた人生は察っすることが出来ます

宗教にのめり込んだ本人は救われた??かもしれないけれど、巻き添えの家族の被った不幸は?

.

安部元総理の銃殺という理不尽な【死】、彼の生前の政策や圧で追い詰められた人の不毛の【死】

亡くなることには変わらないけれど、なぜその悼まれかたに差があるのでしょうか???

.

安倍政権下での【モリ・カケ・サクラ】問題は何も解決されず、多くの使途不明金&公職や職権の乱用

政治の悪を駆使して国民を振り回し、それらの説明責任もないまま銃弾に倒れたからといって『国葬』

宗教団体と政治家たちのつながり、次々と明るみに出てきていますが~誰一人として反省せず

.

自民党葬(内閣葬)とかなら未だしも、全額を国費でなんて正気でしょうか

.

そして、幾多の家族をボロボロにした教団やそれを票田に利用した政治家たちのは?

.

【追記】

毎日、TV報道番組での政治家と宗教団体の癒着に驚かされています

特に与党議員たちの発言・・・( ̄0 ̄)

私たちはどれだけ無能扱いされてきたのか~~~ホント無能だった!

「選挙で誰が統一教会の支援を受けるかは、安倍さんの一存で決まるといわれていました」

「安倍元総理が応援している候補であれば、ほぼ確実に支援してもらうことができます
選挙の直前になると、統一教会系の施設で泊りがけの研修を行います
自分の場合は妻同伴で2泊3日でした」・・・と

それらの始まりは、岸邸の隣にかつて統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の関連施設があった

そのことが岸家と統一教会を結ぶ一つのきっかけになったとされます

そして2022年夏、その“ご近所付き合い”が、凶弾を放たれるきっかけになるとは――

岸家と安倍家の誰もが想像しえなかったに違いあるまい。

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

ドクダミの花を挿す

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

雑草の伸びる勢いがスゴイ・・・桜散る頃に芝刈りされたと思っていましたが、もうWWW(゚Д゚)

.

今日もまた芝刈り機のモーター音が聞こえます

Img_0944-2_20220531154501

.

伸びた芝に混じってシロツメクサが咲いています

塀際にはドクダミもたくさん・・・

昼過ぎにはみんな刈られてしまいます

.

先週、TVの某番組で帰国中のYOSHIKIさんが「アメリカで広場の片隅にドクダミを見つけ、花を摘んで飾りました」と言っておられました

アメリカにもドクダミが咲いてるんだ(^o^)

.

部屋いっぱいの薔薇に囲まれているイメージの方が「ドクダミの花が真っ白なCROSSのようで好き」と

・・・ほわっと心が和みました

.

Dsc01099_20220531145501

そんなことを思い出して、刈り取られてしまう前にとドクダミの花を摘んできました

.

ドクダミって摘むと指に独特の臭いが付きます

でも、そんなのは洗えば消えますしね

地味っちゃぁ地味な花ですが、花びらは純白

真っ白な十字形の花もハート型の葉もカワイイですもの

.

そう言えば、ドクダミの花言葉は“白い追憶”だと思い出し

過去のスケッチを引っ張り出してみました

.

ドクダミは皮膚の発疹、蕁麻疹などのアレルギー症状、高血圧にもいいと言われています

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

【のらぼう菜】ブーム来た?

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

最近、TV番組などで【のらぼう菜】関連の話題が採り上げられることが多いです

私が記事を書いたのは2010年4月ですから12年も前(夫が末期癌宣告を受けたのは6月でした)

当時は数カ所の大学などから問い合わせも有りましたね

いまブームが来ているようなので再掲載させて頂きます(過去記事なので料理は二人分)

.

********************************

「のらぼう」(のらぼう菜)は菜花の一種で、江戸時代に伊奈備前守がタネを配布して栽培を奨励、天明・天保の飢饉の時にはこのおかげで多くの住民の命が救われたとされます

名前の由来は「野良にボォーッと生えていて役に立たないもの」と、農民が年貢作物としての取り立てを免れようとしたから・・・なんて説もあります

.

春の彼岸頃から出てくるトウ立ちを折りとって収穫します

Photo_20220304144001

茎立ち菜、トウ立ち菜、トウ菜、折り菜、芯摘み菜などとも呼ばれることも有ります

(時にはかき菜と混同されていることもありますが、基本的には異なる品種だそうです)

花茎を食べる野菜は古代から日本全国に多種ありますが中でも「のらぼう」の食味は良いと言われます

栄養価も高く、ビタミンAやCのほか、鉄分、食物繊維なども豊富なんです

また糖分が多いのも特徴で、糖度は普通の野菜よりかなり多いそうです

.

アブラナ科の多くは交配しやすく雑種が出来易いのですが、アブラナ科野菜としては珍しく他の花粉を受け付けず、自分の雄しべの花粉で雌しべが受粉してしまうため雑種ができにくいと言われます

この「のらぼう」の稀有な性質は自家採種に適していて、自生化した西洋菜種による花粉汚染にも染まらないということになるそうです

つまり、遺伝子組み換えなどの汚染が影響しないとも言えるんですね

「のらぼう」が日本の菜っ葉の中で一躍脚光を浴び始めたのはその点にもあるのかも~

.

「のらぼう」にはアントシアン色素によって葉軸が薄赤く発色する株と、まったく発色せず緑色だけの株があります

交雑しない野菜なので雑種化したわけでなく、それぞれ育った地域の寒さに適応した変化の結果でしょう
           
植物の糖分は寒さの刺激で蓄積されるので、一般に赤味のある「のらぼう」のほうが甘味も強いようです

ただ、鮮緑色の野菜を好む人も多いですから、どちらが良いのかは一概には言えないですがー

.

先ずは花芽のお浸し

Photo_20220304145501

花芽のオカカ醤油

Photo_20220304145801

葉の卵とじ

Photo_20220304150101

茎若芽との芥子酢味噌和え

Photo_20220304150201

茎のマヨサラダ    

Photo_20220304150601

葉茎と粗引きウィンナー炒め

Photo_20220304150801

花芽の味噌汁

Photo_20220304151101

.

柔らかい花茎にはほのかな甘味があり、他の菜花類のような苦味やクセがありません

お浸しで食べるのがポピュラーですが、胡麻和え・酢味噌和え・芥子和えもお勧めです

.

他には、花部分を天ぷら、茎部分を肉巻きやサラダになど多様な食べ方もお試しください

.

********************************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

💐も🍪も“花”

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きた

.

20211222_173327130-2

お付き合いの長い花好きの方から頂いたオンシジューム レッド ファンタジー

径が1cmにも満たない小花が細い茎に並んで咲く様が可愛く、香りがとても良いのだとか

赤い花は、同種の他の色より遅咲きのようですが、12月半ば過ぎてから咲き始めました

.

苗分けしたばかりらしく株が小振りですから、未だ未だそんな見事さは無いのですが

頂いた時は、「蕾付き」の札が無いと、蕾とも思えないくらいの芥子粒のような小ささで・・・👐

「私に咲かせられるの?」と、緊張と不安で一時的に心が緊縮💙

.

同封の『取説』も簡単すぎて素人には少々(かなり)説明不足

これは・・・多分、マニア向けの花らしい、とは解りましたが~

.

頂いて1ヶ月半程して、蕾が蕾らしい膨らみを持ってきた時はホッ(ღˇ◡ˇ*)♡

1~2輪が咲き始めて、花らしい形を見せてくれて・・・こうなると気分も高揚してきます

Img_0645-6

株が大きくなれば、小さな花の集まりが『見事な花塊』になりバニラの香りがするんだとか

.

**************

花&バニラの香り・・・で思い出しました、私が正月の集まり中止で家族(とくに孫)達に送ったのは

2_20220102130701

生地にキンセンカが練り込まれ、さらに本物の花をトッピングしたクッキー🍪

.

キンセンカは欧米ではカレンデュラorポットマリーゴールドと呼ばれ効能高いハーブと珍重

古代ローマ時代からその効能効果は知られ、抗炎症や解毒、収斂作用があり肌によいと

日本には中国から渡来し古くから栽培されてきましたが、なぜか効能より長持ちする仏壇花のように思われ扱われていました

でも、実は肌によいエキスが知られ化粧水や薬用のクリームなども作られ販売

ハーブとしてのキンセンカ(カレンデュラ)の新たな顔が認められてきました

.

キンセンカを食べる場合は花ごと、あるいは若く柔らかい葉をサラダや天ぷらにするのがお勧め

私は良く食用菊のご紹介もしますが、その食用菊の一種として利用すればいいかと

1年中いつでも利用するにはキンセンカの花びらを乾燥させたものがあります(食用の和菊も乾燥させて干し菊として利用されていますよね)

.

目も舌も体も喜ぶ~それよりまずは【📱映え】狙い?だったりしてー(๑´ლ`๑)フフ♡

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

気分良きゃ怪我も💗

 美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Dsc03344

の写真はJR中央線・西武国分寺線&多摩湖線の『国分寺駅』前の殿ヶ谷庭園(公園)内の東屋

.

私が公共機関で息子の家に行くのにはバスで上記の駅へ、でJR中央線で新宿方向にホィッ🚋⇒

その駅近バルコニー付きマンションから、戸建てに移ったとの事で新居拝見に(*☉д☉)🏡

.

と言うことで、10/30日の夫の命日に「先ず一緒に墓参🙏しよう」と車で迎えに来てくれました

.

新居に引っ越したのは夏の真っ只中ですが、なにしろコロナ感染防止自粛中で訪問も“自粛?”

いまは息子家族も全員ワクチン2回接種・・・むしろ私は時間が経って抗体が減ってないかナ?

外出には不安もありましたが、考えられるだけの対策で墓参したあと“新居訪問”

.

以前住んでいたマンションも駅前通りの人気エリア、新婚時に購入した時は亡夫も大賛成で

今回、引っ越したのは同じ町内でモ少し駅近、メイン通りから数m入った住宅地の戸建てღღ'ᴗ'

「“人気の駅近戸建て”なんて凄いねー」「そんなこと無いよ、借金が増えただけサ(^^;∂」

だろうね~(退職金or生命保険が担保だよネー)・・・でも、この土地に戸建てはスゴイよ👏

.

夫が彼岸に逝って11年目、逞しくなった息子の背ーーン?腹にも貫禄が出てきたかな??👀

どことなくピシッと“家長の風貌”が・・・きっと亡父は“あの世”で喜んでるかと ღ˘◡˘ற💗.。

嫁さん&娘2人・・・女3人に囲まれ、でも~“パパ”としてベタベタされてるのが微笑ましくて

.

嫁さんの料理はどれも美味しく~~箸が止まらずついついお替わりして食べ過ぎ😋ンマーィ👌

「🍺飲む?」「飲みたい!」なんて調子に乗って・・・「送ってくれなくてイイ、一緒に飲もゥ」

「止めとくョ、オカンは遠慮無く飲んでくれ」と言う息子に「いつも車だから一緒に飲めないし

今日はサ・・・今日はメチャ嬉しいんだから、乾杯しよーョ ( ^_^)/🍺□🍺\(^_^ )

送って貰わなくて大丈夫、バスを乗り継いで帰るから・・・久しぶりの“バスツアー”気分でね~」

.

なんて気分颯爽と歩き出し~駅構内の『名産販売』の幟に惹かれて“燻りがっこ”など買い込み

両手に袋を提げ夕刻の人混みに圧倒されながらも粋歩き?乗り換え昇りエスカレーターへ

狭い中をちゃんと左に立っていたけど・・・追い越し駆け上がる人に煽られ最後の1段で躓いた

幸い??と言えるのかなぁ、大事にはならなかったけど~追い越した男はサッサと居なくなり

.

後から続々と昇ってくる人たちのために、先ずはその場を移動しなくちゃ~でも、人々は無視

メチャ、痛かったし~恥ずかしかったし~情けなく哀しい💧

.

セッセッセーのヨイヨイヨイ👐婆さん転けた・・・🌀💥(゚ロ゚屮)屮・・・おばさん、大丈夫??」

真っ先に声を掛け手を差し伸べて呉れたのはかなり若い男の子達、驚きましたー(* ^.^)アリガト♪ 

でも見栄っ張り婆さん、スッと立ち~まではイイけれど、「おばさん、この出血、ヤバくね???

.

駅員に通報しようとか騒ぐ男の子達、メチャ嬉しいけれどオオゴトにしたくないので感謝し宥めて

その間も、チラチラ横目で人は通り過ぎ・・・男の子達も「じゃ行くョ、おばさん頑張れ」👊~~~❗

なんかなぁ~???・・・気分昂揚してると痛みなんて直ぐには来ないのよね、半日遅れで来ます

.

結局、電車には乗れずタクシー帰宅・・・で財布から“樋口一葉”が(;_;)/~~~🙋

更には、Gパンじゃない外出専用一張羅のブランドパンツもno use❌💧

.

タクシーのシートや床を汚さないように、ハンカチを当て買い物後のプラ袋でギュッと縛って

「お客さん、気にしなくてイイよ・・・何処か外科医院を捜して寄ろうか?」の気遣いにウルッ💧

.

このブログを見たら嫁チャンは心配し、息子も「オカン!、だから送るって言ったろ-」(◟‸◞)💥

m(__)m・・・年甲斐もなく格好付けて🙏、でも~みんな優しかったョ(特にBOY’s)(^_-)-☆

.

怪我も大したことないし~~何にも無い退屈すぎる毎日よりずっと刺激的で楽しかった~マジ

評価は ღ˘◡˘ற。o👌・・・傷の手当なんて慣れっこ・・・こんな怪我も嬉しいのですよ💘

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

 

より以前の記事一覧

応援してね!

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ブックマーク


ご利用ください