カテゴリー「文化・芸術」の記事

2019年7月27日 (土)

今日は土用の丑

🍺美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

今日は「土用の丑の日」、今年はこの1回だけです

土用の丑とは、立秋前の18日間の土用のうち丑にあたる日のことで、年によっては2回あることも

.

この日には、昔から「う」のつくものを食べると精が付くと言われ鰻や牛肉がもてはやされてきました

特に、牛肉は昨今のことですが鰻を食べる歴史は江戸時代からです

.

土用の頃は海や山が荒れます…そして、人間の体調も乱れます(ღ˘◠˘)~

だからスタミナを付けましょう、と…そこから夏のスタミナ維持には『鰻』とは万葉の昔から認められ、奨められてきました

それを広く大衆にまで広めたのが、あの有名な医師・平賀源内

贔屓の鰻屋が夏の熱さで売れ行き不振で困っていると聞き、《土用・丑(うし)の日は頭に“う”の付く食べ物を》と書いて軒に貼らせたんです

.

当時は四ッ足禁制・・・なれば牛と言う事は無いので、“う”と書いて鰻屋に張り出せば誰だって鰻と思い込むはず

まして当時の鰻は、オカズと言う以上に薬の意味があったのですもの

.

仕掛けは大当たり、年に一度くらいの贅沢はって江戸っ子の心を捉え大ヒット(^^)☝

『女房を質に措いても初鰹』と同じ意気込みで、『土用の丑の日は鰻』を食わなきゃ江戸っ子が廃るって鰻屋に

.

天然鰻は、胸鰭のところがちょっと黄色味を帯びていて『胸黄=ムナギ』が訛って鰻になったと言われます

鰻を蒲焼用に開く時、関東は背開き、関西は腹開きにするのは広く知られていますが、その訳は?

これは、江戸は武士優先社会、腹を切る(切腹)は縁起が悪いと忌み嫌ったからなんです

,

蒲焼の調理も、関東では蒸して脂を抜いてからタレで焼くので箸ですぐに切れるほど柔らかい仕上がり

関西では串を打って素(しら)焼きにしタレで仕上げるので歯応えも残ると、食感的にかなり違います

どちらの焼き方でも鰻には良質の蛋白質と脂肪、ビタミンA・Eが豊富で、体力回復にはもってこいなのは同じ

だから、暑い盛りの滋養補給に『土用の丑の日には鰻』の習慣が続いているのでしょう *´ڡ`*

.

ただ、近年は国内産の稚魚の漁獲量がめっきり減って、まさにウナギ稚魚の卸値は“ウナギ上り”

さらには『割き3年、串打ち8年、焼き一生』とウナギ職人が座右の銘にしている修業に付いていけない若者が増え職人不足

「鰻喰いたし値は高し」で庶民の食卓からは遠ざかる一方、ナマズやサケを鰻の代替えとした蒲焼が出てきました

.

先日に穴子を食べたので「今夏は鰻はガマン」と意を固めてスーパーに行ったのに

年に一度の贅沢…夫が固形物を口に出来た最後に「鰻は食べられそう」と一箸は口にした想い出が

Photo_20190712094701

魚介や肉類は仏壇には供えないモノでしょうが、その思い出で鰻を買っちゃいました

お昼には温めて供えます… ღღ'ᴗ' (食べるのは私だけど_(^^;)ゞ)

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年7月 7日 (日)

催涙雨

💕美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Photo_20190627075701今日は七夕、孫娘の誕生日です オメデト♪(*’-^)-☆

彼女が産まれた日も雨でした

梅雨時だから仕方ないでしょうが、七夕が雨になることは多いようです

.

先日、俳句に『催涙雨』という七夕の季語があると知りました

七夕は織姫と彦星(牽牛)が年に一度の逢瀬を許された日

その日が雨だと“天の川”を渡れず会えない(/_;)/~~

.

因みに七夕前日の6日に降る雨は『洗車雨』と呼ばれるそうで……ン??

デートに備えて車を洗うってメッチャ今風、と思いきや洗うのは牛車…そうか彦星は牽牛(牛使い)だっけ

で、デート前日が雨だと自分で洗わずとも雨が洗車してくれるってか (ღ˘‸˘)☝

.

七夕伝説の主人公、織姫と彦星は神話で男女一対の神だったようで

織姫(機織り)は女性の仕事とされた養蚕紡織を象徴(そう言えば、皇后さまは養蚕を)

彦星(牽牛=牛使い)は男性の仕事とされた農耕を象徴(天皇陛下は田植えをなさる)

.

これは星座にもあることで、星名は牽牛が『アルタイルAltair』、織女が『ベガVega』

.

ところで、“催涙雨”って年に一度の七夕デートが雨でオジャンになっての涙雨と思ったら、そんな単純ではないようで

その涙の意味は雨の降る時間で違うんですって

  • 朝に降る雨は会えなかった1年の長き時を嘆く涙雨
  • 昼から夕方に降り夜には揚がる雨は、この後に会える喜びの涙雨
  • 深夜から明け方にかけて降る雨は、やっと逢えたのに別れの時が来た悲しい涙雨

催涙雨』と言う季語を知っていろいろ調べたおかげで、この歳になって新しい知識も得られました

.

今日の雨は夜まで降るらしい、と言うことは~逢えるのかなぁ?、どっち?(ღ˘◠˘)⁉

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年6月29日 (土)

佃煮

🍺美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

毎月29日は『肉の日』って言うのはかなり定着していますね

じゃ、6月に限定した29日は何の日でしょう…『佃煮の日』なんですって(ღ˘⌣˘)☝

.

これは住吉神社の起源に由来し、正保3年(1646)6/29日に住吉三神、神功皇后、徳川家康の御神霊を奉遷祭祀したことから

佃島といえば佃煮発祥の地で、住吉神社はここの守り神

だから、この日を『佃煮の日』にしようと全国調理食品工業協同組合が制定したそうです

Photo_515

佃煮(つくだに)というのは、東京都中央区佃島発祥の海産物の煮物のこと

昔、大阪・佃村(現大阪市西淀川区)を訪れた徳川家康は、そこの漁村民が保存食として作っていた雑魚の煮物がえらく気に入ったんだそう

そこで、江戸城でも食したいと、現在の東京・佃島に彼らを集団移住させ「佃煮」を作ることを命じたとか

.

佃煮とは、元々は小さすぎて出荷できない雑魚を漁民が自家用保存食として煮込んだもの

保存性を高めた濃い味付けなので、参勤交代の武士らが江戸からの土産物として国に持ち帰り各地に広まったと言います

.

今では全国各地にその土地名物の佃煮があり、海産物(とくに小魚)、アサリなどの貝類、昆布などの海藻類、山地ではイナゴなどの昆虫類まで

昨今では牛肉や鰻など高級食材の佃煮なども人気です(^^)d

.

佃煮は醤油・砂糖などで甘辛く煮染めたものですが、このような佃煮を作り始めたのは東京・浅草橋にある「鮒佐」だと言われています

本来の江戸前佃煮は、冷蔵庫や真空包装のない時代に夏のおにぎりや弁当に入れても常温で傷まない辛口のものが安心で重宝されました

ただ、現在市販されている佃煮は、薄味、甘口なので、真空包装され要冷蔵の佃煮が多いです

.

元々の佃煮は余り物利用の保存用食品であったことから、物が有り余って持て余す様子を「佃煮にするほど」などと表現することがあります

でも、いまは「モッタイナイ」の時代、余り物を賢く美味しくリメイクする…ECOですね~♪(*’-^)-☆

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年4月26日 (金)

枝垂れ八重桜

🍺美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

明日から10連休と言う方もいらっしゃるのでしょうね…私は365連休(年中休日)😃
.

日本人と桜の付き合いは古く、福井県の三方五湖近くの鳥浜貝塚からは縄文人が使ったと見られる桜の樹皮を巻いた弓が発掘されています

古い歌集にも桜の歌が多く収録されていて、四季を感じさせる花として古代から親しまれていたのが分かります

.

日本人にとって桜は単なる花の域を超えた象徴的な意味もあるのでしょうか

生き方そのもの、命の美意識…など

春が物事の始め(命の誕生)で桜はその象徴…春が旬のピンク色のものは冠詞が“桜○○”になっていますね

.

そして、桜はパッと咲いてパッと散る潔さであり、美であり、目出度いのです

良く分からないけれど桜は目出度い?

だから、目出度い席(とくに結納など)には『桜湯』が欠かせませんね

Photo_487

八重桜の塩漬けに湯を注いだだけのものですが、美しい花が開いたところを飲む“風流”がいいわぁ

ちなみに見合いや婚約などの席では花梗で繋がった2輪の花を入れ、それ以外は1輪だけ

(写真(↑)のように、綺麗だから&好きだからって、いっぱい入れればいいってもんじゃないのね)

.

この桜湯に使う塩漬けの桜は八重桜が開花したばかりの時に摘み、直ぐに白梅酢で洗って塩に漬けます

約一週間もすれば使えるそうですよ

保存には少し乾かし化粧塩を

.

この桜の塩漬けで炊き込みご飯も風雅、特筆の味とは言えないでしょうが、桜の香りと色が楽しめます

.

染井吉野はすっかり新緑の葉桜ですが、八重桜が咲き出しました

Photo_488

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年3月21日 (木)

牡丹餅

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

【ココログ】のメンテナンスが予定より大幅に長引いて、お訪ね頂いた方々にもご心配をおかけしたのではと申し訳なく思います

.

今日3/21日は春彼岸の中日

お彼岸の初日を「彼岸の入り」、真ん中にあたる21日を「彼岸の中日(ちゅうにち)」、終る日を「彼岸の明け」と言います

彼岸(ひがん)とは極楽浄土のことで、私たちが生きているこの世界のことは此岸(しがん)と言います

.

この「彼岸の中日(ちゅうにち)」は春分の日(21日)ですが、なぜ春分の日は彼岸の中日なんでしょう

春分や秋分の日は昼と夜の長さが同じになり、太陽が極楽浄土があるとされる真西に沈みます

そこで、この日に彼岸に行ってしまった先祖を供養し、いずれは自分もちゃんと彼岸にいけるように祈るのだと言われます

.

彼岸のお墓参りには、線香や花のほかに春は『牡丹餅』、秋は『お萩』を用意するのが習いですね

同じ作り方なのに、春には春の花『牡丹餅』と呼ばれ、秋なら秋の花『お萩』と呼ばれるのはナゼ?

一説には、元々は春彼岸の牡丹餅は、牡丹の花びらの絹のような質感を模して“漉し餡”で。

秋彼岸のお萩は、萩の花に見立てて“粒餡”でとか

季節の花に名を変えるのが日本の面白い心…いや、風情かしら

.

さて、 半殺し…何とも物騒な言葉ですが、ご飯を擂鉢に入れて擂り粉木棒などで潰したもの

この言葉は、安達が原に住んでいたとされる《山姥伝説》に怯えていた旅人が、その夜の宿の主人が「明日の朝は“半殺し”がよかべぇ」と言うのを聞いて逃げ出した…との噺に出てきます

.

この“半殺し”を卵型に丸め、小豆餡・白隠元餡・豌豆餡などの餡を塗したものは春や秋の彼岸に欠かせない食品に

Photo_2

中に餡を忍ばせ、砂糖を入れた擦り胡麻や黄な粉を塗したものも人気

お彼岸時期のス-パーの店頭は『牡丹餅』のオンパレードです

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年3月14日 (木)

ホワイトデーは白の日

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

3月14日は『ホワイトデー 』

ただ、私的にはバレンタインデーも無関係で~当然ながらホワイトデーも無縁

.

バレンタインデーのお返しの日として日本の年中行事となったこの日を制定したのは福岡市の菓子店「石村萬盛堂」

今ではお返しは人気スイーツなどが主流になってるようですが、1977年の制定当時はマシュマロでした

真っ白なマシュマロを返すから『ホワイトデー』なの

.

「君からもらったチョコレートを僕の心(マシュマロ)でやさしく包んでお返しするよ」という意味づけだったそうです

.

マシュマロというのはソフトキャンデーの一種

Photo_4

主原料は砂糖卵白ゼラチン水で空気を多く含むので軽くて食感自体も軽い

成型後はくっつかないようデンプンを表面にまぶしています

近年は白いマシュマロ以外に、チョコレートイチゴ香料バナナ香料や着色料を加えた色つきのマシュマロもありますね

また、中心部にジャムなどを詰めた商品も出ています

.

日本では加熱せずにそのまま食べるのが一般的ですが、欧米ではマシュマロをに刺して直火で焼いて溶けかけた熱々トロ~ッを食べることが多いようで

有名な漫画のスヌーピー彼の兄・スパイクがマシュマロを焼くシーンを思い浮かべた方もいらっしゃるでしょう

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年2月 2日 (土)

節分用の打ち豆

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Photo_4

明日2/3日は節分、そして『大豆の日』

これは、節分の日には煎った大豆を撒いて邪気を払い、その大豆を年の数だけ食べて無病息災を願う風習から制定されました

大豆製品を扱うニチモウ株式会社が節分となることの多い2/3日をその記念日としたものです

.

節分の豆撒き、または豆打ちと呼ばれる立春前夜の行事は、元は散米(さんまい)、うちまきと名づけられた神事儀礼から変形したもの

儀式が民間に伝播していくうちに節分祭の豆撒き行事として完成されたと思われます

.

日本民族にとって米や豆はとりわけ重要な作物、二千年来の“民族食”で和食の土台・根幹です

とくに大豆は「畑の牛肉」とも称され、健康食材として世界中に注目されている食材

.

古代人は豆に《魔滅》《霊芽(まめ)》の文字を当て、魔滅=病魔退散&霊芽=生命力強化の祈りを込めたと言われます

日本で最古の医学書『医心方』(平安中期)には、「鬼毒を治し、病みを止め、むくみをおさめ、胃弱や食中毒を除き、五臓を軽くする」と大豆の素晴らしさを絶賛

除災招福を願う“追儺(ついな)鬼追い”の儀式と、散米(さんまい)の神事とがミックスして生まれた“節分祭”

.

豆まき用の煎った大豆は硬くて食べにくいので、炊き込みご飯にしちゃいましょう

出汁用昆布、同量の酒と醤油で調味して普通に炊き上げるだけ

.

豆撒きのあと、年齢分の数のまめを食べると「無病息災=まめ」に長生き…と

.

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2019年1月 7日 (月)

七草

美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

正月料理の食べ過ぎで少し疲れ気味の《胃》には7日朝の“七草粥”が優しい

年末年始を風邪引きで咳ばかりかお腹も緩くなってた私にもね

せり なづな ごぎょう はこべら ほとけのざ

すずな すずしろ これぞ七草 

もっとも旧暦の七草はいまの2月中旬(今年は2/11日)、若草もそろそろ芽を出してるかしら

.

7日に若い野草で粥を炊いて食べる“七草粥”の習慣は残っていますが、その前日に粥に入れるための摘み草をすることは無くなりましたね

もっとも、街中では摘み草自体が所詮ムリ

その代わり、デパートやスーパーで七品揃えのパック入りが売られていて、これが好評だとか

.

昨日買っておいた七草パック

Photo_3

いまから土鍋でお粥に…洗った米1:水4(私の場合は米0,5カップに水2カップ)

強火に掛け、沸騰してきたら弱火にして30~40分煮込みます

お粥を煮込んでいる間に七草は塩少々を入れた湯でサッと茹で細かく刻んでおく

  • お粥が炊けたら、塩一つまみと醤油少々で調味し刻んだ七草をお粥に混ぜ込みます
  • .
  • 好みで、お粥の仕上がり際に餅や卵を入れたり、出来たお粥に胡麻や柚子など振りかけてもいいですね
  • .

    諸説ある“七草粥”の習慣ですが、どれが正解かは確定されていません

    • (せり)=水湿地を好む多年草で香味が強い
    • ナヅナ=生長したものは“ペンペン草”と呼ばれる越年草
    • 五形(ごぎょう)=母子草とも言い葉は白いフェルト状の毛に覆われていて、味は~イマイチ?
    • 繁縷(はこべら)=ハコベとも言い産婦の乳の出が良くなるとか
    • 仏の座(ほとけのざ)=菊科のタビラコのこと
    • (すずな)=鈴菜とも書く、いまでは蕪のことを指すが江戸時代までは水菜や京菜のことと
    • 蘿蔔(すずしろ)=大根のことだとされている

    ちょっと青臭いような、萌え出たばかりの緑の香り

    .

    ****************************

    ※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

    2019年1月 3日 (木)

    気分おせち

    美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

    .

    “おせち”と言うと現在では正月料理と言うことになっていますが、本来は節句料理が総て“おせち”でした

    節句とは一年の節目のことで、その節(せち)に行う神事に供えた食べ物が節供(せっく)で「お節(おせち)」と呼ばれました

    .

    中国(唐)から伝わったものは五節気だが、日本本来の節は正月とお盆、春と秋の氏神祭り、6/15の疫病会(祇園祭り)、8/15の十五夜だと言われます

    この日は『ハレ(晴れ)の食事=ご馳走=おせち』を作り、神様とともに食べることが重要でした

    .

    正月の“おせち”も、ご馳走を重箱などに詰めておくのは年神様を迎える節供だからであって、けっして「主婦が正月に骨休めするため」では無いのです

    .

    独りの正月は、重箱に詰める“おせち”などは持て余すばかりですし

    Photo

    ちょっと体調はイマイチでしたが、正月なのにあまり普段っぽくても

    で、惣菜として作ったものや、刺身、蒲鉾などチョコチョコッと並べた『気分おせち』

    .

    ****************************

    ※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

    2018年12月30日 (日)

    明日は大晦日

    美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

    .

    歳を取るほどに1年が短く感じるのは体が時間に付いていけないからだそうですが

    本当に、1年がアッと言う間で、もう今年が終わります

    .

    今日は、明日の夜に各地で撞かれる除夜の鐘の薀蓄を少々

    明日の夜は鐘声に耳を傾けながら、そんな薀蓄など語ってみてください

    「ほぉ~、物知り~」って感嘆されるか、「どっかの受け売りでしょ」って流されるか

    .

    *********************************

    1年を締めくくる『除夜の鐘』、これを突き始める時間をご存知でしょうか

    そして、なぜ108声を突くのか?

    .

    Dsc03508除夜と言うのは除日(旧年を取り去る日)の夜という意

    つまりは大晦日の夜のことです

    .

    寺院には、朝夕に鳴らす梵鐘(釣鐘・大鐘)と、集合用に鳴らす喚鐘(小鐘)があります

    本来は朝(暁鐘)夕(晩鐘)ともに108声を打ち鳴らすのですが、いろいろな問題もあり、平常はどちらも18声に止めているんです

    .

    鐘声の108声という数は人間の煩悩の数と言われていますね

    なぜ煩悩は108なのか…?

    人間の六根(眼・鼻・耳・舌・身・意)から生じる感覚(境)に、好・悪・平なる三つの感情が働いた=6×3

    6×3=18煩悩に、さらに苦・楽(捨)という感情が働き誘発した=18×2

    18×2=36煩悩、それに過去・現在・未来の三世をかけると=36×3

    36×3=108の煩悩になると

    私は数字にはカラキシ弱いのが自慢??…なのでチンプンカンプン

    .

    除夜の鐘は、この夜に限り夜半から撞くようになっています

    108声の煩悩分を撞くのですが、107声は旧年中に撞いて最後の1声は新年に撞くのが習いになってるようです

    .

    昨今の私は寒い中の外出がおっくうで、初詣さえ陽射しと相談

    除夜の鐘はTV中継で、日本各地の鐘撞きを観て満足してます

    .

    いつもお付き合い頂きますことに感謝いたします

    皆様、安寧に年を越されますように

    .

    ****************************

    ※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

    より以前の記事一覧